中古住宅リフォーム費用選び方|失敗しない優先順位

中古住宅のリフォーム費用の選び方について、失敗しないためのコツをご紹介しています。

中古住宅リフォーム費用の選び方について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

中古住宅購入時、または購入後でもリフォームを検討してる方も近年は増えています。

中古住宅購入前の注意点もご紹介しています。

中古一戸建て購入注意点優先順位ベスト5とその根拠よくある誤解

実際に、多くの方がネット上で悩みを公開している事が多い内容には以下の項目もあります。

  • 中古住宅リフォーム費用相場は?
  • 中古住宅リフォーム費用をかけるべき部屋は?
  • 中古住宅リフォーム費用を抑えてもいい部屋は?

このように、購入した中古住宅の中でも、費用を相場として把握したり、優先順位に迷ったりという声も非常に多いのです。

私のサイトは、中古住宅購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かして運営しています。

私自身が過去に中古住宅のリフォーム相談担当をしていた経験。

新築マンションを購入して、現在では中古マンションとなった現賃貸オーナーであること。

中古住宅一戸建てを身内が購入する際に相談を受けた経験。

こうした自分の専門知識、実際のマンションを所有しながら感じるリフォームへの不安などを含めて、これから中古住宅を購入する方に注意点や失敗後悔しやすいポイントを含めて各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

中古住宅リフォーム費用について、この記事では、相場とは違う優先順位の考え方について、以下の項目をご紹介しています。

中古住宅リフォーム費用で失敗しやすい優先順位

中古住宅リフォーム費用で成功する節約優先順位

中古住宅リフォーム費用で相場より意識すべき事

このように、少しでもリフォームをするという結果ではなく、何をどう優先して直すべきなのか?

こんな視点でご覧ください。

中古住宅リフォーム費用で失敗しやすい優先順位

中古住宅リフォーム費用失敗後悔原因

中古住宅購入時、購入後を問わずして、リフォーム費用を考える方によくある失敗後悔しやすいプランニングをご紹介していきます。

中古住宅リフォーム費用失敗後悔原因1.まとめ方

中古住宅のリフォームの費用を考える際、ついつい中古住宅だったから安く済んだ!

こうした買い物をした方ほど、陥りやすいのが、まとめてリフォームをして費用を節約するという考え方。

なぜこの考え方は失敗後悔といえるのか?

それは、そもそも修繕する必要がないようなパーツを含めて一緒にした方が節約という口車にのせられたケースも多いから。

具体的には、以下のような内容があります。

キッチン本体が壊れていて、老朽化、節水機能を含めてリフォームを必要とした。

この時、システムキッチン本体にしっかり費用をかけたなら、話は分かります。

しかし、どうせなら!という考え方から以下のようなパーツも一緒に取り組む方もいます。

キッチンの床材

キッチン収納

壁紙交換

このようなパーツをリフォームすれば確かに総額はお得かもしれません。

しかし、そもそもすべてリフォームしておくべきメリットは何か?

この視点が欠落していることが多いのです。

安くなるイコールすべてが得。

これは、決して中古住宅のリフォームだからこそ、費用の節約にならない事も多いのです。

中古住宅リフォーム費用失敗後悔原因2.費用の比重率

中古住宅のリフォーム費用を考える時、費用をかけた方がいいこととかける価値が薄いことも当然ながらあります。

典型的な例は以下の通り。

中古住宅リフォーム費用で比重は最小化すべきパーツ
キッチン 壁紙クロス,床材,備え付け収納
トイレ 床、壁紙クロス、手洗い場
リビング 壁紙クロス、床材
玄関 間接照明
寝室 壁紙クロス、床材、間接照明

代表的なパーツの共通点にほぼ壁紙クロスと床を入れています。

なぜか?

この2つは工賃も決して高くないリフォームの典型的パーツの1つだから。

なのに、こうしたパーツへの費用でいいものやデザイン性にこだわるのは、本当に無駄!

まずはこの事実だけでも知っていただければと思います。

では続いて、成功するためのコツをご紹介していきます。

 

中古住宅リフォーム費用節約優先順位

中古住宅リフォーム費用節約正攻法

実際にリフォーム費用を中古住宅購入時に捻出した際に、少しでも知っておくといい成功のコツをご紹介していきます。

中古住宅リフォーム費用節約成功のコツ1.時期選び

中古住宅リフォーム費用を節約するポイントとしては、依頼する時期も非常に大切。

住宅市場というのは、特にリフォームで特化するなら、受注として以下のような特徴もあります。

1月から3月はリフォーム受注が多い。

4月から6月はリフォームより修繕の依頼が多い。

7月から9月は引っ越しシーズンでリフォーム受注が多い。

10月から12月は、特に年度末に向けて節税のためのリフォーム受注が増える。

このように、年間を通じて、特に注目したいのが、4月から6月なのです。

この時期は、いったん色々な人が新しい住まいで新しい生活を開始している時期。

よって、4月から6月にリフォームをかけるというのは、かなり老朽化が進み、その時期ようやく今の現状を知ったレベルの依頼が中心。

中古住宅リフォーム費用節約成功のコツ2.商品選び

中古住宅リフォーム費用で比重を占めてしまうのが、商品の費用。

商品費用を節約するべきなのが、型落ち商品を狙う事。

近年は、住建設備も非常に、価格の安い商品と高い商品に差が出るようになっています。

しかし、全て新しいからいい!

古い商品はあまり優れてない。

この言葉に置き換えるほど差がないことも多いのです。

分かりやすい例なら、以下のようなことも当たり前にあります。

トイレでいえば、便器の奥行きが大きくなってしまったせいでサイズが入らない。

キッチンでいえば、食洗器が内蔵されたせいで収納設備が縮小された。

何がほしい商品なのか?

この点を考えると、決して型落ちが損とは言えない時代なのです。

ですから、中古住宅リフォーム費用の節約を考える成功のコツは、必ず最新ではなく、型落ちから確認する。

これが、最も簡単で安定した機能を明確化した商品を購入できるコツと言えるのです。

中古住宅リフォーム費用節約成功のコツ3.本体を最優先

確実にリフォーム費用でかけておくべきは、本体です。

システムキッチン。

お風呂の浴槽。

トイレの便器。

洗面所の洗面台。

とにかくこうした大きなパーツであり、毎日の水を使う中で重要なパーツにはしっかり費用を検討してください。

その他のパーツは正直、全て後回しにしても極端な言い方をすれば、そんなに費用は変わりません。

人件費。

廃材処理費用。

このような多くは、本体をはがしたり、解体している時に発生している廃材が中心。

ですから、必ず本体には節約よりも費用の7割以上の比重を計算して検討する。

これが、中古住宅リフォーム費用の正しい節約であると私は考えます。

では最後に、中古住宅リフォーム費用の節約を意識する中で、相場という言葉に踊らされないための注意点をご紹介していきます。

 

中古住宅リフォーム費用で相場より意識すべき事

中古住宅リフォーム費用相場より大切

中古住宅リフォーム費用における相場より大切なことをより具体的にご紹介していきます。

中古住宅リフォーム費用相場より見積もりで見るべきポイント1.諸費用

中古住宅に限らず、住宅市場におけるリフォームというのは、当然以下のような項目が必須と言えます。

処分費用。

処理費用。

運搬費用。

このような項目が主に利益となっていることが多いのです。

ですから、本体費用が安い。

でも実際の合計額は変わらない。

こんな見積もりを見せられて安心してはダメ。

まずは、価格を見る時は、最優先で相場とかではなく、諸費用を比較することが重要なのです。

中古住宅リフォーム費用相場より見積もりで見るべきポイント2.提案力

中古住宅リフォーム費用を相場ばかり意識して、実際見積もりは1社につき1枚。

こんなイメージを持っている方も少なくありません。

しかし、実際には、提案力のある会社なら、リフォーム費用の見積もりは以下のようなことも普通にあります。

  • 他社同ランク商品の見積もりを出す。
  • 工賃の安い簡単な作業で終わる商品を提案する。
  • 今のサイズ、企画に合うまだ全く会話に出てきていない商品を打ち出してくる。

このような経緯を持つ会社は、非常に知識も認識も豊富な証。

ただ費用が安いから、決めた!

これでは単純すぎて、同じ費用を出しても失敗することも考えなければいけない事態も普通にあるのです。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

他にも、中古住宅リフォーム費用については、以下のような内容も今後紹介していきたいと考えています。

中古住宅リフォームはdiyで大丈夫?失敗後悔注意点
中古住宅リフォーム福岡でおすすめの業者選びのコツ
中古住宅購入時リフォームをしたい方の節約術
中古住宅ローン中リフォームする時の注意点

少しでも中古住宅のリフォーム費用だけでなく、DIY,購入時すぐ,ローンなど幅広い内容でご紹介できたらと考えています。

また興味がある方がいらっしゃいましたら、見に来てください。

少しでも中古住宅購入後のトラブルに巻き込まれてほしくない!

この思いから、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

中古住宅購入失敗トラブルランキングベスト5

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ