中古物件300万値引き金額交渉に必要な条件や情報

中古物件を探している。

中古住宅なら売りに出てる金額を値引きの交渉ができるかもしれない。

中古でも住宅なら、リフォームが必要な場合もあるはず。

300万ぐらいの額なら値引きが出来るのだろうか?

中古の車と違って、住宅を購入する時の価格を見てどうやって交渉できるか判断すればいい?

このように、自分たちの次の住まいを中古住宅で購入したいと思う人の中には、リフォームが必要な時の為に少しでも価格を交渉してから売買の手続きをしたいと思う人も多いはず。

しかし、あくまで売主と直接的なつながりのない状況。

こうした時、以下のような視点を持つ方も多い。

買う時の土地の相場や市場的な見解。

希望のエリアの他の中古住宅で中古マンションなどとの比較。

さまざまな希望を言っても、やはり買う前に要注意みたいな目で見られるのも面倒。

さあ、実際自分たちがローンを組むまでの間に不動産会社を通じて買いに出る交渉術。

新築とは違う中古の可能性は別に存在するのか?

安くする事で悪い条件になってしまうような事は本当にないのか?

こうしたことを踏まえてご紹介していきます。

中古住宅300万円値引き交渉術について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

このサイトは、中古住宅購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、少しでもよくある悩みを知る事で想像の範囲を広げる為に情報を公開しています。

実際に私自身も住宅に関して、以下のような経験を持っています。

元住宅関連企業勤務経験者であること。

中古住宅リフォーム住まい相談現地調査担当をしていた勤務経験。

マンションオーナー(貸主)であること

賃貸住宅におけるカビという被害に見舞われた体験者であること。

中古住宅を身内が購入し、残債がある状況での売却という体験を目の当たりにした体験者。

新築一戸建て購入経験者。

このように、自分の周りでの注文住宅や住宅事情における知識を体験からも知識的に広げられる環境をもっていました。

だからこそ伝えられる失敗後悔の可能性の有無を含めて、このサイトを通じて無料サポートのような体制を公開していきたいと考えています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

不動産会社という業者選びももちろん注意がある家の購入前の注意点。

しかし、実際位にマンションも一戸建ても含めて、ローンを組む前の価格や条件というのは、どうやって交渉するべきか?

この点を300万円を目安にできる可能性の見極め方を含めて、以下の項目でご紹介しています。

中古住宅値引き300万可能な物件条件

中古住宅値引き300万不可の物件条件

中古住宅値引き300万交渉条件精査法

まずは、自分が買う前の情報を集める者として、より購入時の条件が良い物件を探す事が重要。

そして、今から新築ではなく中古の中から探すという時の予算を少しでも希望にあった探し方をする基本を含めてご覧ください。

中古住宅値引き300万可能な物件条件

中古住宅値引き300万

まずは中古住宅の値引きとして300万がかのうになりそうな条件を価格や少し細かな視点を含めてご紹介していきます。

中古住宅300万値引きが現実的な状況

まずは最初の売りに出てる時の値引き前の金額がいくらの家なら検討してもらえる可能性があるのかをご紹介していきます。

サイトを見る時には、以下のような探し方が大切です。

  • 物件の価格は2000万以上である。
  • 今探してるエリアに似た条件で、誤差の範囲程度の物件もある。
  • 建築基準法の改正前の状況でリフォーム前提にしないと今のままでは少し不便が多い状況。

このように、費用を提示されている中でも、やはり少し手入れが必要であると売主も了解している事を業者が聞いてるケースがある。

こうなると、最初は、適正価格よりも少し高く掲載して様子を見る。

そして、反応のある中で、価格の交渉が始まれば、相談してほしい。

このようにもう流れが出来上がっているケースもあります。

中古住宅300万値引きの典型的な理由

実際に、以下のようなリフォームはその典型例。

  • 建ぺい率オーバーで立て直しが全く不可能になった建築物を売る場合。
  • 営業も事前に事情を把握しているケース。
  • 契約する時、年収の提示も完了し、審査などを通じて予算オーバーという提示が事前審査において銀行から言われた状況を知った時。

このようなケースでは、会社としても契約した気にさせるまでの気持ちをもって売主側に報告してる場合もある。

価値的なものではない。

あくまで、状況判断においての諸費用の削減が難しい場合の気持ち的な譲歩。

最初から値引き前提としての依頼をしていける案件ばかりあるわけではない。

中古住宅300万値引きが内覧時提示もある?

実際に、内覧をするという行動を行ってくれた。

そして、購買の意欲を出し、実際に内覧後に申込関連の書類の進行の可能性もある。

こうした本当に内容の精査がほぼ誰の目から見ても依頼前提が明らかという感じのケースもある。

買ってしまいたいがために内覧で最終的な内容を確認。

このような時には、もう価値よりも不動産屋も買主に売主からの許可の出た範囲の値段の交渉可能範囲を決めてあるという提示をしてくれる場合もある。

この場合は、築年数でもなければ、審査の問題でもない。

あくまで、現在の問合せ状況や売主側の売りたい時期の希望を考える際に決め手を増やすために行われる営業戦略。

決してこの点でも、別に何か変な計算をしていくわけでもない。

坪単価という考え方とも違い、あくまで仲介する不動産屋に出来る限り早期取引完了を願う売主。

このようなケースには、値引きのタイミングをコチラが図る以前に即買いを促すために行われる事もある。

典型的なのは、遺産相続による現金化を親族が願ってるケースです。

 

中古住宅値引き300万不可の物件条件

中古住宅300万円値引き

中古住宅ならどんな物件でも販売価格から100万、200万、300万程度は値引き交渉すれば何とかなるのでは?

この方法に役立つ情報を教えてくれる人はいないの?

現在自分たちが考える予算や予定の金額に近づけるために出来るだけ値引きの設定金額を高くできるタイミングなどを狙っている人も入るはず。

しかし、利害関係の元でもやはりダメな理由も明確なケースも存在します。

いわゆる300万の値引きは中古住宅と言えど、無理というような理由があるケースをご紹介していきます。

中古住宅300万値引きが無謀なケース

実際に、どこの不動産業でも当然人気のエリアという対象は教えてくれますよね!

しかし、不人気エリアとか需要があまりないエリアは教えてほしいと言われてもなかなか現在問い合わせも無いから、何を軸に考えるべきかも浮かばない事も多い。

そして、このようなタイミングによって、明らかにこの数ヶ月の間でも十分新築を探すことも可能なエリアというのは存在する。

ここがポイント。

  • 木造の住宅である。
  • 登録時期ではなく、一般的に人気のあるエリア。
  • 数年を見ても大きく土地の価格が変動していない。
  • 銀行ももうそのエリアに対しては市場を把握しているほどの認知度の高い状況。

このようなエリアは俗に言う人気エリア。

子育てに人気。

老後の夫婦に人気。

2世帯住宅希望者に人気。

いろいろなポイントがありますよね?

一般の方の生活に役に立つ、便利と認知されてるエリアにある物件は中古であれ、新築の建売であれ、登録からの期間を問わず、強気に見せてる。

表示の価格からはもう一切値引きもしない。

見学や説明を聞きたい方ももちろん多くが気に入ってるような状態。

このような判断をされてる物件エリアは、交渉が完全にアウト!

予算が無いなら、その価格を考慮の上、別の物件をご紹介します。

このような返事が返ってくることも珍しくないのです。

 

中古住宅値引き300万交渉条件精査法

中古住宅300万値引き交渉術

あくまで最初に交渉が可能な物件の候補の典型例と難しい事例をご紹介してきました。

では最後に条件精査をしていくポイントと注意点をご紹介していきます。

中古住宅値引き300万の価値

まず最初にお伝えしたいのは、注意するべき物件。

不動産業は、あくまで値引きがリフォームでもリノベーションでも価格の交渉は行われてる。

しかし、売買という情報を集める際に、中古住宅の売り金額が下がる。

この時、金額の値引き以上に注意が必要な事もある。

それが、売主が知ってる情報が全てではなかった時の対応でリフォームが必要になる可能性があるリスク。

非常にわかりやすいのは、もうここ数年誰もその物件に住み、生活をしていないというケース。

不動産屋や業者が時々風通しの為に訪れて、換気や簡単な掃除を行う程度。

このような状況で売りに出てる物件は、あくまで内覧同様に中身の外見的要素を見てるに過ぎない。

売主としてもいつ売れるのか不明。

このような時の300万値引きは果たして額としての価値があるのか?

実際に、リフォームに500万円が必要になったら?

結果的に値引きされた金額以上に出費が増える事が買主の負担となっていく。

このような事例が当然あると思った方が良いのが家という商品です。

中古住宅値引き300万の魅力

もう既に数年前にリフォームで主な水回りや壁紙などの修繕も補修も完了している。

外壁のメンテナンスも塗り替えも完了。

このような物件が希望の額をオーバーしているという現実から、300万の値引きに応じてくれるのはありがたい。

新築で買い、ローン残債がありながらも売却を決意するような条件に見舞われた。

それが、転勤などの条件により、事故やトラブルの可能性は極めて低い。

このような条件の中で、値引きに応じてくれる可能性がある物件は中古でも非常にお得と言えます。

いろいろな見方がある中で、少しでも値引きという考え方について、ただやみくもに値切る事を問うのではなく、条件精査をしっかり細かくリサーチする事を大切にしていただきたいと思います。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ