中古一戸建てリフォームローン審査落ちる原因と通す秘策

中古住宅購入リフォームローン審査のコツをご紹介しています。

「リフォーム費用の支払いをローンで組みたい!」

このように考えている方のために、銀行はあなたの味方ではない事を含めて、

中古一戸建てリフォームローン失敗後悔原因

中古一戸建てリフォームローンは銀行に相談するな!

中古一戸建てリフォームローン審査を通過させるコツ

以上の内容についてご紹介していますので、リフォームを将来予定する方はぜひ情報源として活用してください。

中古一戸建てリフォームローン失敗後悔原因

中古一戸建てリフォームローン選び失敗後悔原因

中古一戸建てのリフォームについてローンの失敗後悔とは?

この点をまだ住宅購入を想像している方のためにわかりやすくご紹介していきます。

中古一戸建てリフォームローン失敗後悔原因は2重苦

この言葉で、イメージがつく方もいらっしゃると思います。

そう、2重のローン生活を強いられる生活を送る方が失敗後悔原因。

どういうことかというと、以下の通りです。

中古一戸建て購入時に住宅ローンを使う

中古一戸建てリフォーム時にも新たにリフォームローンを組む

こうした流れを体験している方が多いんです。

しかし、この選択しかなかったという方も多い。

この主な原因は、2つあります。

1つ、未来予測の甘さ

2つ、銀行の提案力のなさというより儲け優先思考

こうした事が主たる原因となります。

でも、こうなってしまうと両方を返し終わるまでに何もできない状況。

さらに、ローンを組めても生活苦が目前になる方も増えてしまいます。

ぜひ注意点として肝に銘じる意識を持ってください。

中古一戸建てリフォームローン失敗後悔原因はとりあえず主義

他の記事でもご紹介していますが、とりあえず主義は正直損をします。

「中古一戸建てに不満はあるけど現状で買っておく。」

この不満が少しでもある方は、必ずリフォームの見積もりを取りましょう。

たったこれだけであなたの不満も住んでからの負担金も減ります。

とりあえずは一番費用を無駄に消費します。

でもこうした内容は、私が住宅ローン審査を体験したからわかった事。

まだ住宅ローン審査をこれから受ける方にはぜひ知っておいてほしい事があります。

 

中古一戸建てリフォームローンは銀行に相談するな!

中古一戸建てリフォームローンは銀行に相談すると失敗する

中古一戸建てリフォームを考慮して購入したい方にぜひ注意してほしい事をご紹介していきます。

中古一戸建てローン審査は一切銀行に行く必要がない!

住宅ローンを利用できるのは、中古一戸建て購入費用だけではありません。

リフォーム費用を合算して借り入れが可能。

しかし、

このことは、多くの銀行の場合は、教えてくれません。

その理由もいたってシンプル

・住宅ローンとリフォームローン2本立ての方が金利で儲かる

・住宅ローン審査前にリフォーム見積り提出を待つ必要が無い

・住宅ローン審査1件につき、手数料やインセンティブが付く

つまりは、

自分の利益を優先するばかりでユーザーが一番得な方法は渋る方向性があります。

ですから、

無知は、そのままいいように扱われてしまうのです。

本当にかわいそうだと思います。

しかし、

相手も商売道具ですから、利益重視の考え方を全否定は出来ません。

よって、

少しでもあなたが騙されないとは言いませんが、特になる工夫を心がけるしかないのです。

中古住宅購入時にリフォームローンを検討中の方には、正直銀行に行くメリットが何一つないのです。

まずはこの意識だけは持っていただきたいと思います。

では最後に、

中古一戸建て購入+リフォーム費用をローン審査で通過させるコツをご紹介していきます。

 

中古一戸建てリフォームローン審査を通過させるコツ

中古一戸建てリフォームローン審査通過のコツ

中古一戸建て購入プラスリフォーム費用を全て住宅ローンで合算して審査通過させるコツをご紹介していきます。

中古一戸建てリフォーム費用見積もり失敗後悔行動

中古一戸建てを購入しようと思う時、多くの方は、

1.まずは自分たちで内覧会をする。

2.リフォーム業者に相談する。

このような行動に出ます。

これが失敗後悔の原因。

リフォームをする可能性が解らない状態でもいいのです。

ではどうしたらいいのかをご紹介していきます。

中古一戸建てリフォーム費用見積もりを住宅ローン審査で使うコツ

内覧会の時に、リフォーム業者を同行させる。

これが一番簡単であり、中古一戸建ての物件価値を一緒に見てもらえるチャンスなのです。

素人が見ても気付けない事。

これをリフォーム業者の人が見てくれるからこそ見抜ける事が必ずあります。

ですから、

中古一戸建て購入後失敗後悔対策にもなり、さらに、リフォームすべきポイントを鋭く見抜く事も出来ます。

こうした工夫をしている方は本当にごくわずか。

ほとんどの方は、こうした単純な行動を起こしません。

この方法であれば、

1.内覧会をしてからスムーズにリフォーム業者と打ち合わせも可能

2.購入すべき価値がありそうな物件であれば、現場を見た担当からリフォーム提案と見積もりを受ける

→住宅ローン審査を受けるタイミングを少しでも早く申し込みすることが出来る。

住宅ローン審査を受けるのは、年齢が1歳でも若い事が重要なポイント。

よって、

時間との勝負という表現が適切。

ですから、

こうした時間の短縮をすることは、スムーズに住宅ローン審査通過をするコツと断言できます。

この記事を見たあなたには、さらにもう一つ知っておいてほしい事があります。

それが、具体的な住宅ローン審査を申し込む方法について。

私が住宅ローン審査を銀行に行き、2度落ちてから、3度目の正直で通過させた方法。

この方法は、中古一戸建てであっても関係なく確実に効果を発揮します。

詳しい方法については、

中古住宅ローンで頭金なしでも審査が通る簡単な申込方法

でご紹介してますので、情報収集の1つとして参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上になります。

中古マンション,戸建て住宅ローン審査に落ちた、通らない時に意識しておくべきこともご紹介しています。

中古マンション,戸建て住宅ローン審査組めない通らない人に多い失敗原因

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ