中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点

中古一戸建て購入後リフォーム費用選び方失敗後悔対策をご紹介しています。

「中古一戸建てをまずは購入してからリフォームしたい。」

「中古住宅購入後のリフォーム費用は最終的に高くつくの?」

こうした考え方について疑問や悩みを抱えている方も増えています。

中古住宅購入前の注意点もご紹介しています。

中古一戸建て購入注意点優先順位ベスト5とその根拠よくある誤解

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、中古一戸建てリフォームに関する費用の考え方について、

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点1.予算

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点2.会社

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点3.優先順位

以上の内容でご紹介していきますので、見た目だけでリフォームを考えるのではなく、住みやすい家作りになるリフォーム計画の情報源としてお役立て下さい。

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点1.予算

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点予算準備

中古一戸建てリフォーム計画の再優先順位は、予算。

しかし、

予算をどこまでかけるべきか?という点について注意点をご紹介していきます。

中古一戸建てリフォーム予算注意点1.理由も重要

中古一戸建てのリフォームを行う理由には以下の内容が考えられます。

・故障

・見た目(内装への不満)

・節水や節電効果

・収納の拡充

こうした事が主なリフォームを考える理由。

しかし、この中で唯一私が控えめの予算に考えるべき内容があります。

それは、

見た目(内装への不満)に対するリフォーム費用の捻出。

その根拠は?

見た目を変えるというリフォーム意識は、生まれ変わる瞬間は楽しみです。

しかし、長い目で見れば、正直飽きも出て着やすいリフォームの理由。

よって、

まずは、生活に不可欠となるリフォームを最優先で行う。

この点をまず最初にご紹介しておきたいと思います。

中古一戸建てリフォーム予算注意点2.小分け、大規模の選び方

リフォーム予算を考える際に、一戸建ては特に大掛かりなリフォーム予算を考える方も居ます。

しかし、

リフォームをした後を想像しきれない時、全体をリフォームするのはよく解らず新築一戸建て間取りを決めるのと同じ事。

すると、

リフォームしたのに、結果的には失敗後悔からまた不満が生まれる原因となる。

これでは、

正直リフォーム予算捻出の効果は半減します。

よって、

必ず中古一戸建ての場合は予算を小分けに考えておく事も重要。

中古一戸建てリフォーム予算注意点3.順応性

中古一戸建てリフォームを依頼した時、多いのが、リフォーム中に発見された不具合や修復箇所の発見。

具体的には、

・主柱の老朽化

・躯体となる部分の耐震補強

・カビが害虫等による内部の侵食

表面では解っていなかった事が、リフォーム工事によって発見される事も多いのが中古一戸建て。

ですから、

中古一戸建て最初のリフォーム予算は、万が一の対策を含めて少なめに設定しておく事も重要。

ではこうした注意点を踏まえて、

中古一戸建てリフォーム業者の会社選びについて注意点をご紹介していきます。

 

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点2.会社選び

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点会社選び

中古一戸建てリフォーム費用の選び方2つ目の注意点は会社選び。

では会社選びではどんな点を注意したら良いのかをご紹介していきます。

中古一戸建てリフォーム費用注意点4.会社の保証制度

中古一戸建てリフォームの予算を考える方の多くが、目先の見積もりばかりに気を取られています。

すると、

以下の内容ばかりを注目しようとするのです。

・見積もり金額が安い会社

・値引率野高い会社

しかし、

こうした会社の選び方の場合、失敗後悔しやすいのです。

根拠は?

リフォーム専門業者は、主に違う点は、処分費用や人件費。

リフォーム費用という言葉に気を取られ、商品の価格や設置費用の値引きに気を取られてはいけません。

まずは、リフォーム予算を見る際には、保証年数を確認して下さい。

設置ミス、不具合、故障等のリスクの方が生活に与える影響は多大。

ですから、

目先より将来。この目線からリフォーム費用予算と会社選びを行いましょう。

中古一戸建てリフォーム費用注意点5.会社の新築も見る

会社の選び方で大切なポイントがあります。

それは、

リフォーム業者が新築を行っているか?という問題点。

なぜ中古一戸建てリフォームの会社が新築を手がけている必要があるのか?

根拠は、新築一戸建てに携わるということから基礎等順応性を確認するため。

「リフォーム専門会社だから安心。」

車の修理屋探しと一戸建てリフォーム会社選びは同じではありません。

・築年数による特徴

・見た目に見えない隠れたリスクの発見

・建て替えベースに至る幅広い提案力

こうした内容をもらうためには、確実に新築を手掛ける業者の方が費用の抑え方の提案力が広がります。

ですから、

まずは会社選びの中では、新築を手がけているか?を確認して下さい。

中古一戸建てリフォーム費用注意点6.会社の規模を確認

中古一戸建てリフォーム費用を最初の1回目で終わる場合でも規模の比較は重要。

その根拠は?

規模が大きいと言う事は、その分、仕入れコストも落とせます。

さらに、

保証を受ける際には、店舗数が多い方が、保証対象を確実に受けられる機会も増えます。

よって、

・少しでも実店舗の数があるのか?(全国規模ではなくても良い)

・自分の依頼したい地域に知名度があるか?

・会社の主要取引先の確認(メーカーとの交渉力)

こうした点を注意しながら会社選びを行うことが重要なのです。

では最後に、

中古一戸建てリフォーム費用選び方の最後の注意点をご紹介していきます。

 

中古一戸建てリフォーム費用選び方注意点3.優先順位

中古一戸建てリフォーム費用注意点優先順位

では最後に、中古一戸建てリフォーム費用を考える際の優先順位をご紹介していきます。

中古一戸建てリフォーム費用準備優先順位1位は?

中古一戸建てリフォーム費用を考える最優先は、屋外です。

具体的には、

・外壁

・屋根

・基礎のコンクリートひび割れ

こうした場所をまずは最優先に考えて下さい。

根拠は?

家が簡単に朽ちる大元の原因は外だから。

先ほどの3つを優先順位1位にすべき理由は以下の通り

中古一戸建てリフォーム費用捻出の内訳 優先すべき根拠
外壁 ・外壁がもろいと水の侵入口となりカビなどの繁殖がしやすい

・暑さ寒さの影響も外壁は大きな役割を果たす

水周りリフォーム ・特に、お風呂、トイレ、キッチン、洗面台は、確実

に毎日使う生活必須スペースなので早めに行う。

・家計への影響となる光熱費水道代に直結する課題

寝室 ・家で生活する中で睡眠が妨げられる事は体調にも関わる重要な要素だから
窓やドア等の建て付け ・窓は結露の原因、ドアの建て付けは冷暖房効率低下

大切なのは、まずは家の外を固めて、中を生活に使う順位で費用を考える事です。

中古一戸建てリフォーム費用に床を含めない物件を選ぶ

中古一戸建てリフォームという考え方をするなら、床は直すのではなく、触る必要の無い物件を選びましょう。

この点を安易にリフォーム予算に含めてしまうと、正直生活しにくい状況は一番長くなります。

よって、

床は購入前に事前確認を行い、住んでからの失敗に気付かない注意が必要なのです。

中古一戸建てリフォーム費用準備優先順位で見積もりより先にすべきこと

「中古一戸建てリフォーム費用の優先順位を考える上で、まず聞いてみる。」

こうした考え方をしている方は多くが失敗します。

何故か?

「予算よりも欲しいを優先してるないものねだりだから。」

リフォームは、あくまでも生活しやすい家にかえるというのが目的。

リフォームをする意味が曖昧なまま見積もりを頼んでもショールームを見るのと何も変りません。

まずは、

・生活していて苦労する内容をリスト化する

・先ほどご紹介した優先順位に当てはめる

・優先順位の高い設備のグレードアップを明確化する

・予算の残りで出来る事のグレードが高い物を選ぶ

こうした流れを頭に入れて下さい。

中古一戸建てリフォーム費用失敗後悔する人に多いセリフ

優先順位をあまり考えず取り掛かったリフォーム。

そして、

施工後に失敗後悔を悔いる。

こうした人達がよく使う言葉があります。

それが、「とりあえず」

とりあえずというのは、家にとって応急処置レベルという解釈。

ですから、

この言葉を使う位なら私は、リフォームをしない方が良いと思います。

修繕費にまわして、じっくりあなたの遣るべきことを見極める。

こうした意識をせずに取り組むリフォーム予算はことごとく失敗しています。

よって、

まずはリフォーム費用は、見積もりよりも現状把握。

この意識を優先順位を一番高い認識で取り組んでみてください。

きっと、遣るべき事と欲しい機能は明確になると思います。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

この他の視点では、

中古一戸建てリフォームと新築購入どっちがお得?

こうした目線もまだ購入前の方には有効だと思いますので、お役立て下さい。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ