三井住友住宅ローン借り換え審査通過のコツと注意点体験記

三井住友住宅ローン借り換え審査準備におすすめの秘策をご紹介していきます。

三井住友住宅ローン借り換え準備について、このページをご覧いただきありがとうございます。

住宅ローン借り換えを私も実際に新築購入後の2年後に達成をした経験を持ちます。

この時の結果は、地銀でしたが、実際に過去にメガバンクの審査も通過経験があります。

借り換えというと、非常にハードルが高いもののように感じる人も多い。

しかし、実際には強みになりやすい物件として、中古物件でも意外と通りやすい条件に該当しやすい方法もあるのです。

三井住友銀行は、ネットバンクなどのサービスも拡張することにより、多くの借り入れをしている人がいます。

金利の引き下げに積極的にインターネットを使った方法で乗り出したのも三井住友銀行の特徴。

実際にお客様の求めるサービスの中で保証金や団信加入や借入中の繰り上げ返済の手数料など何か1つでも選びやすくなる方法を提供してきた。

こういう銀行には借り入れを希望する人は多い。

だからこそ、簡単に審査が通りにくいという面もあるのです。

そこで、借り換えに必要な条件を合わせながらご紹介していきたいと思います。

三井住友住宅ローン借り換え前の基本

まずは三井住友の系列の中で店舗の有無を含めて、どのようなローンがあるのかを見ていきましょう。

三井住友系住宅ローン

メガバンクである三井住友には、いくつかの種類があります。

  • 信託銀行
  • smbc銀行

この2つに分かれていて、審査を受ける上で、インターネットで簡単にどちらも申込みが可能になっています。

では借り換えに基づく基本の審査基準を見ていきます。

住宅ローン審査基準1.返済負担率

返済負担率は以下の通りです。

年収 返済負担率
400万円未満 35%未満
400万円以上 40%未満

 

住宅ローン審査基準2.頭金

申込み前の内容として、借入限度額が一般的に建築費の80%までという形になっている。

この場合、単純に以下のような頭金を必要とする。

物件価格(単位:万円) 必要な頭金(単位:万円)
1500 300
2000 400
2500 500
3000 600
3500 700
4000 800
4500 900
5000 1000

しかし、フルローンを組むことも可能。

ということは、頭金をクリアしない代わりに預金残高と年収を総合的に評価される可能性も高いと考えておくべき。

住宅ローン審査基準3.勤続年数

勤続年数の取り決めがないのが、上記頭金の出せる貯金額と預金の残高になると考えられます。

 

三井住友住宅ローン借り換えのメリット

メガバンクであるっ三井住友銀行の場合、ネットde審査を受ける事が簡単に可能というのも安心の理由になっている。

これから審査を受けたいと思っても自分の地元に支店がない。

この悩みに答える銀行も増えてきた。

しかし、対象として、メガバンクという安心から選択をすると、ufj銀行または三井住友銀行を2択にする人の声をいただくことが私の周りでも多い。

その理由は以下のような内容が挙げられている。

  • とにかく金利が安い
  • 保障の内容を比較検討してもやはり現在の条件よりも幅広い。
  • セカンドライフを考えたり、医療費などを考えた上での選択なら、変動金利、固定金利を含めてもこの金利がどこよりも総合的に見たら安かった。

とにかく安いが一番。

この考え方がかんたんに比較して見つけられた時の感想だと思います。

今の残高が1000万円以上ある。

この条件を満たす人なら、どこの銀行に借り入れをしていても借り換えの準備をしても別に損はないと思います。

保険の見直しを含めて徐々に進む借り換え需要。

毎日、いろいろなサイトから特約など必要な条件を見ている人も多い。

 

三井住友住宅ローン借り換えのコツ

しかし、今の自分でフリーダイヤルでも電話などをして知識がついていけるのか?

このような悩みを持つ人も多い。

確かに自分に自信を持つ根拠も難しい問題。

いくら自分の預金があったとしても、保険や現在の年齢からの審査の結果が心配な人もいるはず。

いくら確認しても、保証料や変動金利、固定金利などの商品の情報以外には審査についての安心の要素は少ない。

こういう時のコツは審査の申し込み方法を選択することが鍵となる。

結果につながる申込みのコツ

私が実際に借り換えの検討をする時にも、最初の審査を通過させる時にも、現在の自分の状況を各書類で用意する点には、何も工夫は出来ない。

個人的に注意しておくべき点は、あくまでデータとしっかり照合した時に整合性が取れるだけで十分。

あとは、かしこい選択をしていくなら、これからはコンサルティングを行う会社に仲介に入ってもらうことが大切。

その銀行の特性や特徴。

セカンドライフへの影響。

諸費用などの費用の比較。

こうしたポイントを銀行以外の第三者で客観的に解説してくれる会社が最近は出てきている。

しかも、借り換えにおける報酬は必ず成功報酬。

あくまで借り換えが成功しなかったら何も手数料を支払う必要がないという条件も大切。

自分ではどうすることもできない情報の精査。

この点を第三者に依頼することでより最適化された金利の種類やその他の銀行との比較を含めて設定を考えてくれる。

職種や業種といった会社の属性まで関係する最近の住宅ローン審査。

いくら個人が適用を知ろうとしても最後の本審査は、CICなどの第三者機関が審査にかかる。

だからこそ、条件というのは、あくまで表面的な情報でしかない。

より精度の高いサービスを求めるなら、住宅ローンの3秒診断
住宅ローン借り換え相談コンサルティング

まずは連絡の対応を受けて、じっくり相談してみると手続き前に必要な一定の情報は入手できる。

これから先の人生に少しでも金利が下がったという人生にたどり着くことを願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ