中古住宅Gooやスーモ等サイト物件探しの注意点

中古住宅情報の探し方|中古物件サイトを使う時の注意点をご紹介していきます。

中古一戸建て、中古マンションを問わず、多くの方が利用している中古住宅情報サイト。

しかし、

中古物件の選び方として、大型サイトがあれば大丈夫。

こうした考え方が、今はメリットばかりになりにくくなってきました。

中古住宅購入前の注意点もご紹介しています。

中古一戸建て購入注意点優先順位ベスト5とその根拠よくある誤解

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、中古住宅をGoo等の情報サイト検索で実践している方のために、

中古住宅はGooやスーモで大丈夫?物件選び注意点

中古住宅はGooやスーモで大丈夫?住宅業界の裏側

中古住宅はGooやスーモでお得?メリットばかりではない現実

中古住宅をGooやスーモよりお得な情報サイト

以上の内容についてご紹介していますので、ぜひ貴方の中古住宅サイト選びの情報源として参考にして下さい。

中古住宅はGooやスーモで大丈夫?物件選び注意点

中古住宅Gooやスーモの注意点

・中古住宅はGooやスーモを探せば十分。

・情報量が多いサイトで見た方が物件比較がしやすいはず。

こうした中古住宅を探す前の意識に洗脳されていませんか?

私がまずご紹介したいのは、中古住宅情報サイトを使う際に知っておいて欲しい事。

この点をじっくりご紹介していきます。

中古住宅Gooやスーモ掲載物件の裏側!

中古住宅Gooやスーモに掲載される物件。

一戸建て、マンションを問わず、土地、貸し店舗など実に豊富な不動産情報が掲載されています。

しかし、

この中古物件達、実は売れ残りだったとしたらどうしますか?

これが私がまずお伝えしたい注意点。

「そもそも、スーモでもGooでもathomeでも全てのサイトが無料掲載している可能性は低い。」

この意識がほとんどのユーザーには欠落しているのです。

数がある事で感じる信頼や安心。

実は、この手法も広告としての1つの魅せ方になっているのです。

住宅業界の裏側を含めて、この注意点を具体的にご紹介していきます。

 

中古住宅はGooやスーモで大丈夫?住宅業界の裏側

中古住宅Gooやスーモで物件選びの注意点

中古住宅物件がGooやスーモ等大手サイトに出る前の流れ

中古住宅がマンション、一戸建てを問わず、スーモ等に掲載される前には、こんな流れも有ります。

  1. 中古住宅を不動産業者が売却手続きを受けます

    最初は自社サイトや自分たちが運営する主なサイトへの掲載を開始する。

  2. 中古住宅を不動産関連チラシや紙媒体で掲載する

    中古物件該当エリアにチラシ等を巻くことで反応がある場合は少ないコストで契約が完了します。

  3. 中古住宅のマンション、一戸建てそれぞれの大手サイトへの掲載を検討する。

中古住宅に限らず、住宅業界と言うのは、仲介手数料がそこまで高く取れません。

よって、

広告経費を最低限でおさめるように企業は最初は努力をしていきます。

ですから、

最初から大手のGooやスーモへの掲載はしない企業も多いのです。

実は、中古住宅はまだまだネットだけではないターゲットが多い業界。

その根拠は、

中古物件が出た地域における知名度のある不動産関連広告。

➔ネットだけではなく、幅広い年齢層に見てもらえる可能性が高いため。

この広告に対する反応であれば、今の住まいから近所の中古物件を探している。

こうした方へのアプローチも出来るのです。

よって、

ネットを使える世代だけをターゲットにしない手法こそ、中古住宅のまだまだ需要見込みがある広告媒体。

こうした地域の広告媒体で反応がない中古物件がGooやスーモに出ている可能性もあるのです。

ですから、

必ず新着物件が狙い目かというと違う!

これが最大の注意点といえるのです。

では最後に、

中古住宅物件選びに、Gooやスーモ等の大手サイトがメリットばかりではない事例をご紹介していきます。

 

中古住宅はGooやスーモでお得?メリットばかりではない現実

中古住宅Gooやスーモの購入注意点|物件選び失敗後悔対策

中古住宅をスーモやGoo等の大手サイトを使う事で得られるのはメリットだけではありません。

中古住宅をスーモやGooで探すリスクは多くの方が嫌いなあの被害!

住宅業界において、未だ多くの方が不安に持つ事。

それが、

勧誘や電話等による案内が止まらないという問題。

この問題が、中古住宅をGooやスーモで探す方には多く起こりやすいのです。

何故か?

単純なんです。

1.掲載期間の締め切りが迫る。➔2.問い合わせを成約につなげようとする➔3.勧誘が増える

こうした流れは、致し方ないという考え方が強いのです。

しかし、

あなたからしたら、中古物件を数ある中から候補を見ている。

この感覚が強い中古住宅情報サイトの存在。

お互いの見解は大きく違う場所となっているのです。

ですから、

Gooやスーモなどの中古住宅大手サイトは営業が嫌いな方はにはあまりオススメできないのです。

中古住宅をスーモやGooで探すリスク2.感覚麻痺状態

中古住宅情報サイトを探す際に、大手サイトというのはその存在価値だけで人の感覚を麻痺させてしまう。

この具体的な事例をご紹介していきます。

中古住宅をGooやスーモなどの情報サイトを使って探す時、多くの方はこんな風に考えます。

「このサイトで市場相場がだいたい見えてくる」

「大手サイトなら、市場価値目安は正しいはず」

こうした感覚こそが麻痺状態。

根拠は?

スーモやGooに掲載料を支払う分を上乗せした費用である可能性を疑っていないから。

大手サイトを通じる見積もりと直接申込の価格が違う。

この流れは多くのネット通販や見積もりでも存在しているのが、ネット事情。

ですから、

市場相場を判断する目的でGooやスーモを探すのは、リスクが残ります。

ぜひ今一度大手サイトの利用のタイミングと見極める注意点。

この意識を大前提にしながら、ご覧頂きたいと思います。

「ではあなたはどんなサイトなら、中古住宅情報を探せると言うの?」

この答えも勿論私は用意しています。

最後にご紹介していきます。

 

中古住宅Gooやスーモよりおすすめの情報サイト

中古住宅Gooやスーモよりおすすめの情報源

・中古住宅は、マンション、一戸建てどっちを買うか検討中の方もいらっしゃいます。

・中古住宅をこれまで全く住んだ事のない地域で探している方もいます。

つまりは、

全く知名度も何もわからない地域を探す事も多い中古住宅。

さらに、

・中古住宅の市場価値をその地域の相場や購入に失敗しないためのサポートが欲しい

こうした誰でも孤独の中で探す必要のない環境を求めているのではないでしょうか?

そこで、

私がGooやスーモよりも最初に知ってほしい中古住宅情報サイトをご紹介していきます。

中古住宅情報サイトを私が紹介する理由

私がこの様な情報を紹介する理由を綴っていきます。

私は過去にマンション、一戸建て両方を購入した経験を持ちます。

そして、

この両者における情報サイトはほぼ利用しませんでした。

何故か?

踊らされる情報ばかりが目立ち、不動産事情をよく知らない人たちの古い書き込みが多かったから。

住宅市場は生き物です。

地域における土地の変化、市場変化、中古住宅を建てた会社の現在、実に様々な事が雲隠れしています。

よって、

私が欲しいのは、自分の味方になってくれる存在。

そこで、

不動産大手サイトとは違うまだ中古住宅情報サイトに掲載する前の住宅情報を扱う会社を探しました。

そしてたどり着いたのです。

・私達の欲しい中古物件の相談を受けてくれる

・スーモやGoo等に掲載されていない中古物件

・一戸建て、マンションというへだたりなく、全ての情報を一括管理して紹介してくれる

・非公開物件を多数持つ会社

こうした情報は、大手サイトとは違いひっそりと存在しているのです。

表向きの情報ばかりに目を向けてもライバルも多数いる住宅業界。

だったら、

自分の見方を付けて、じっくりライバルのいない住宅情報を集める事が最も大切。

この詳しい方法を

中古住宅探し方成功法

にてご紹介してますので、貴方の中古住宅探しをより安心に変えるために活用してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

中古住宅購入前の流れ期間中の手続きで注意してほしい内容もあります。

中古住宅購入の流れ期間中手続きで最重要注意は何?

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ