中古住宅火災保険選び方で騙されないコツ!

火災保険選び方失敗後悔対策

中古住宅購入後に必ず誰もが悩む保険という課題。

火災保険選び方は2015年10月以降の法改正により大きく変りました。

・火災保険を正しく選ぶためにはどうすれば良いのか?

・火災保険は中古住宅だからこそどうするべきか?

こうした細かな視点について、誤解が多い内容を含めてご紹介していきます。

火災保険選びの基礎を知る。

こんな意識でどうぞじっくり御覧ください。

中古住宅を火災保険は火事だけのため?

中古住宅火災保険の必要性

火災保険を使って中古住宅を守る。

この意味をまずは知って頂きたいと思います。

火災保険で守る事が出来るのは以下の様な内容

火災保険の項目 該当事項
地震保険 地震による損害を保証する
水災 河川の増水や大雨による影響等を保証する
火災 火事による被害を保証する
落雷 雷が建物に落ちた時の災害を保証する
雹災 雹(ひょう)が降る地域こそ重要な雹被害を保証する
風災 建物に何かが飛んできた事による被害を保証する
盗難 泥棒に入られた時の被害を保証する
汚損 家族の中で誤って壊してしまった時等に適応する保険

こうした事が守られる対象内容となります。

 

中古住宅の火災保険選び方に多い誤解の嵐

中古住宅火災保険の失敗後悔原因

中古住宅の火災保険選び方で多くの方が失敗後悔をしている現代。

根本的な原因は何か?についてご紹介していきます。

・中古住宅火災保険は、リフォームするから最小限にしておくべきだ。

・中古住宅火災保険は、頻回に見直しをしておくべきだ。

・中古住宅火災保険は、店舗に行けば教えてくれるはず。

・火災保険はあくまで被害にあう可能性との問題だから掛けなくても良い

このような発想に至る方が多いのです。

しかし、

実際の家を家族の誰かが壊すと言う事は日常的にあり得てしまう現実。

外壁を通行中の車に壊されたのに何も挨拶もされず破損続き

こうした単純な日常に起こりえておかしくないことには目を向けていない事が最大の失敗後悔原因。

火災保険をかける意味は、日常における自然災害や万が一の修繕費節約というのが主な目的。

さらに、

生活の支障を来たす自体を避ける事を想定しておく備えと考えを忘れないで頂きたいのです。

 

中古住宅も火災保険が必須になる時代の予兆!

中古住宅火災保険選び方基準活断層

上の画像は、日本全国における活断層と海溝を示した図。

日本全国に張り巡らす活断層。

「自然災害対策をする」

こんな家を出て生活する事ばかりに目をとられる方も多いですが、大事なのは家そのものを守ること。

2016年4月1日エイプリルフールに起きた三重県南東沖地震。

マグニチュード6を簡単に出している日本の地震における実態。

家財道具、家屋の破損、家具倒壊による家人の怪我。

考えなければいけない事は山積している日本の自然災害。

これからの余生を過ごす家。

家族を守るためには、火災保険は、中古住宅だからという考え方を関係ない時代にしています。

ですが、

・万全の為にお金をつぎ込む事が大切。

・とにかく保証料をどんどん積み上げておく必要がある。

・全て保証対象にしておけば安心

こうした早とちりにはならないで頂きたいのです。

正しい選び方となんでもかけるは違う事を十分注意して下さい。

 

中古住宅の火災保険選び方は複雑化している!

中古住宅火災保険選び方複雑化

中古住宅の火災保険選び方は、年々選び方の難易度をあげています。

・竜巻

・豪雨

・土砂災害

1年を通じて聞いたことが無い年がなくなってきた日本の自然災害。

しかし、

最長10年契約となって、35年一括精算ができなくなった火災保険。

こうした事情は、地域毎の値上げを余儀なくされてる現実があるから。

ですから、

今後の値上げ率の問題から少しでも長期を契約して置くことた正しい火災保険節約術。

しかし、

火災保険を契約する時、多くの方はもう1つ重大なミスをしている方が多いのです。

 

中古住宅火災保険選び方で日本人の性格が失敗後悔の原因?

中古住宅火災保険選び方失敗後悔原因は日本人の性格

中古住宅火災保険を契約する際に、日本人の性格が露骨に出てしまう失敗原因をご紹介していきます。

日本人は単純接触効果に弱い。

日本人は慎重である。

しかし、

会う頻度を上げる事で信頼を勝ち取る事ができる一面を持っている。

こうした考え方は、特に海外との取引に多く言われています。

中古住宅火災保険も全く同様。

・店舗がある保険の代理店に行って、説明してくれた

・住宅ローンの説明時に、銀行が丁寧に紹介してくれた

単純に質ではなく、安心から契約をしてしまうケースが多発しています。

火災保険契約は全てビジネスです。

あなたの状況環境よりも儲けを優先する火災保険契約は損が多数あります。

良心的な対応の先には、損も潜む。決してすべてが裁量の良い条件ではない。

この注意点をぜひ意識してた抱きたいと思います。

 

中古住宅火災保険選び方で、今後最も重要な事

中古住宅火災保険選び方重要なポイント

1.選ぶ

2.チャンス

3.切り替え

この3つの意識が最も重要。

根拠は?

確実に将来に火災保険は、更新する事が決定している現代だから。

最も重要に鳴るのは、チャンスを逃さない情報の質に長けたパートナーを得ること。

火災保険は、単に家を最初に守るだけの契約にとどめてはいけません。

更新時には欠かせないチャンスをしっかり提供してくれるパートナー。

この考え方を最重要視しておくべきなのです。

ですから、

・保険の代理店のような新人入れ替えや店舗閉鎖はリスクが高い。

・火災保険の案内が少ない銀行で決めては絶対損。

・工務店や不動産屋の火災保険提案も話しやすい条件の提示のみである事を意識する。

こうした意識を持って火災保険の提案を受ける会社を選ぶことが重要なのです。

 

最新の火災保険事情で会社の壁をこえた提案をしてくれるパートナーとは?

中古住宅火災保険選び方パートナー探し

・中古住宅という将来の修繕費リスク

・リフォーム計画

こうした将来を含めて、会社の壁を超えて全ての保険市場最新情報を入手している会社。

このサービスを私がご紹介します。

私がこの情報を知ったのは、2015年住宅購入をした時がきっかけ。

妻が元保険のセールスをしていた事もあり、全て妻に任せた私。

しかし、

この会社の提案量や質の高さに妻は安心していました。

火災保険を決めるなんて、1ヶ月程度は要すると思いました。

しかし、

妻がこの会社と打合せをはじめて、決まったまでの時間はたった2週間。

電話とメールの回数は、10回未満素という効率のよい提案でした。

この会社とのやり取りから妻が、私にこう言ってきたのです。

「この会社であればあなたが中古住宅や新築の選び方を紹介してるサイトでも紹介する価値がある。」

現場を知っているからこそ、見えた事。

提案力とは、こちらの意向としっかり合致する視点。

この言葉を妻はしっかり感じたということでした。

火災保険中古住宅選び方

1点誤解をしないでいただきたいのです。

私は契約をした方が良いと解釈のもと紹介しているわけではありません。

まずは、

あなたの条件や状況に合わせた提案を受けてみる。

選び方も全く解らない方の方が圧倒的に多い火災保険契約の選び方。

ですから、

あなたが自宅にいながら、安心して貴方のペースで申込が出来る会社と話を聞いてみる。

この気持からまずは火災保険選び方をスタートしてみてください。

きっと、

これからあなたがどの会社を通じて火災保険契約をするにしてもこの見積もり提案が役に立つ。

こんな気持を込めて私はご紹介をしています。



 

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ