中古住宅ローン審査期間目安

中古物件ローン審査期間は申し込み方法で変わる実態をご紹介しています。

中古住宅ローン審査期間はどのくらい?

住宅ローン審査を少しでも早く結果を出してほしい

こうした依頼をするよりも、申し込み方法の仕組みを知る事が大切。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、住宅ローン審査期間短縮のコツとして、

中古住宅ローン審査期間で多い誤解

中古住宅ローン審査期間の通常日数

中古住宅ローン審査期間が最も短い申し込み方法

以上の3つについてご紹介していますので、まだ申し込みを迷っている方は参考にして下さい。

中古住宅ローン審査期間で多い誤解

中古住宅ローン審査期間が長い申込み方法

中古住宅購入時のローン申し込み方法で最も審査期間や時間がかかる方法をご紹介していきます。

中古住宅に限らずローン審査期間が最長は仲介商品

・中古住宅だから審査機関が長いというのは大きな間違い。

・中古住宅でも銀行に申し込みするのが住宅ローン審査期間が短いはず。

こうした内容は大きな誤解。

特に、住宅ローン審査の期間が長くなる典型的な方法は、

「フラット35を銀行経由で申し込みをする方法。」

これが最も最悪のパターン。

何故か?

仲介という言葉を使う通り、銀行はフラット35申し込みを貰っても大して利益はありません。

金利が利益を生む住宅ローン。

しかし、

フラット35は銀行が管理しているサービスではないのです。

国が管理している住宅ローン。

よって、税収の1つでしかないのです。

結果的に銀行が必死に審査期間を短縮する必要もないのです。

ですから、中古住宅ローン審査を銀行経由でフラット35申し込み。

これだけは本当に無駄な時間が多いので、控える事をお勧めします。

 

中古住宅ローン審査期間の通常日数

中古住宅ローン審査期間通常日数

では、中古住宅ローン審査に通常期間で要する日数をご紹介していきます。

中古住宅ローン審査期間1.仮審査日数

中古住宅のローン審査期間も新築の場合と大して変わりません。

仮審査に要する日数は、1週間から最長でも2週間以内が通常。

しかし、仮審査に最も重要なのが、書類提出のずれ。

・必要書類提出等が遅れる

・必要書類提出内容に不備の発覚

こうした内容があると、どんどん無駄な審査期間(日数)を要する原因になります。

でも、多くの方は初めて住宅ローンを組むため、わからない中でも指示された通りに手続きを進めます。

よって、提出してからの不備発覚を余儀なくされてしまう事の方が多いんです。

結果的に、後出しによるダメ出しが原因で、住宅ローン審査期間が間延びになりやすい。

この点を十分注意していただきたいのです。

中古住宅ローン審査期間2.本審査日数

中古住宅ローン審査期間で無事事前審査に通過した方は、本審査が待っています。

仮審査と全く違う要素は、「本審査は、どの銀行も関与できないのです。」

住宅ローン審査における本審査期間は、3週間から1ヵ月と言われています。

特に、区画整理等が実施されている地域は、こうした情報を審査機関が入手するまでの期間を入手するまでの時間も必要となります。

ですから、必要書類をいくらこちらが完璧にそろえておいた場合でも、審査期間を要する事があります。

この点を購入時期と目安を含めて参考にして頂けたらと思います。

中古住宅ローン審査期間が無駄に長いと何日?

中古住宅ローン審査期間は、無駄に長いと、仮審査に2週間以上、本審査に1ヵ月以上要する事があります。

具体的に何が原因かと言えば、

評価額の決定があいまいになりやすい物件

住宅ローン審査対象者本人の過去の履歴を深堀りされた場合の新しい事実発覚

住宅ローン本審査機関への銀行の説明不備

正直、こうした中で特に多いのが、銀行が審査機関に説明する事が曖昧で長引くケース。

私自身も、無駄に何度も銀行から連絡が来て、事実確認をさせられた事があります。

銀行というただの窓口業務に依頼すると正直、ムラが出やすいのです。

そこで、私があなたの中古住宅ローン審査期間を最短で済ませる方法をご紹介していきます。

 

中古住宅ローン審査期間が最も短い申込み方法

中古住宅ローン審査期間短縮のコツ

中古住宅に限らず、住宅ローン審査期間が最も短い住宅ローン審査。

それは、第三者に対する仲介会社による審査申し込み方法。

この方法で何が違うのか?というと、

・自分で書類を用意する手間が一切ない

・銀行に足を運び説明する必要が無い

・一気に複数の銀行に申し込みが可能になる

この要素は、確実に住宅ローン審査に落ちる原因の防止にも繋がります

住宅ローン審査と言うのは、ライバルがいると条件を引き出しやすくできるのも特徴。

そこで、同時申し込みは、確実に審査期間を競わせる要素にもなります。

よって、通常個人が申し込みをする対応よりも格段にスピードも質も高まるのです。

結果的に、住宅ローン審査期間の短縮だけではなく、審査通過の可能性も高まる。

こうした一石二鳥の条件を引き出すことが出来るのです。

もちろん、頭金なしのリスクもありません。

あなたが今回の中古住宅ローン審査期間を出来るだけ早期に達成したいと願うなら、

頭金なしを問わない住宅ローン審査通過のコツ

にてご紹介している具体的な注意点をご覧頂きながら参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

中古住宅購入前の流れ期間中の手続きで注意してほしい内容もあります。

中古住宅購入の流れ期間中手続きで最重要注意は何?

中古住宅については、ローン控除についてもご紹介しています。

中古住宅ローン控除申請手続き方法

最後までご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ