中古マンション,戸建て住宅ローン審査組めない通らない人に多い失敗原因

中古住宅ローン審査で落ちる、通らない人がよくやる間違い行動をご紹介しています。

中古住宅のローン審査で落ちた、通らない。

この言葉を使う方が物件のせいか自分の条件なのか考える事も多い。

  • 返済額と収入のバランスが悪かったのか?
  • 金利が安いから借入審査も厳しいのかな?
  • マンション価格と担保価値が合わないのかな?

土地条件は立地も良いマンションなら通りやすいと思ったのに。

不動産屋に言われたまま個人なら、関連書類を見たまま契約中の会社の言われたままにサインをしている。

融資前の必要なお金を支払い、あとは信用情報を含め一定期間待てば、契約完了のはず。

なのに、いつまでたっても、契約が進まない。

地震保険加入など諸手続き項目も資金を借りる事が不可能なら何もできない。

買う前の自分なりの調査や保証などを見比べてもなかなか不動産屋のおすすめの会社でもすんなり通るとは言えなくなった。

こんなことが2016年以降は、知識とか計算だけでなく、希望額が借入できないという悩みが増えてます。

審査には基準があります。

家も査定における相場を知っておくことも大切。

審査にかかる手数料が安いとか金利の低い高いという選び方だけが重要な話ではありません。

私のサイトは、中古住宅(一戸建て、マンション)における物件の探し方や購入後の失敗後悔対策を含めて、住宅ローン審査の通らない苦労までまとめてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、中古住宅ローン審査に落ちる、通らない人の特徴として、

中古住宅ローン審査に落ちる、通らない原因は?

中古住宅ローン審査に落ちる通らない典型例

中古住宅ローン審査に落ちる通らない個人の問題

以上の内容についてご紹介してますので、住宅ローン審査対策を考えている方へ解説しています。

中古住宅ローン審査に落ちる、通らない対象

中古住宅ローン審査に落ちる、通らない原因は?

中古住宅だから住宅ローン審査に落ちたのか?

こんな先入観が先立ちやすい中古住宅ローン審査。

そこで、まずは落ちる、通らない原因で主な自分の原因を消すための消去法対象に該当する事をご紹介していきます。

中古住宅ローン審査で通らない、落ちた人が見直すチェックポイント

中古マンション住宅ローン審査前チェックポイント

住宅ローン審査における落ちた、通らないを経験する人の条件で典型的な原因は以下の通り。

1.返済負担率オーバー。

→スマホの割賦販売

→車のローン

→クレジットカード所有枚数

→クレジットカードキャッシング金額設定の問題

→クレジットカードの過去の滞納などのトラブル

→消費者金融などの利用による残債

こうした生活の一部として必要なスマホや車まで関係してしまうのが住宅ローン審査。

ですから、

まずは、自分の環境を整える上で、以下の条件に変更して下さい。

中古住宅ローンが通らない、落ちた人がまず自分の環境整備をすべき設定

中古マンション住宅ローン審査対策

先程ご紹介した内容を、全て修正後の状況に切り替える事をお勧めします。

住宅ローン審査落ちた、通らない原因該当 修正後の状況確認
スマホの割賦販売 残債を一括する
車のローン 可能であれば残債ゼロ。
クレジットカード保有枚数 上限3枚。

年会費のあるカードを優先。

クレジットカードキャッシング機能 全てゼロ円に設定
消費者金融などの利用履歴 メインバンクのフリーローン窓口で

現在の残債などを明確に照会。

以上の内容を全て漏らさず、確認してください。

私が経験した際には、実際に1回目に住宅ローン審査に落ちた時、全ての内容を確認しました。

シミュレーションで返済計画を確認するよりも重要。

特に見落としがちなのが、過去に作っただけで使っていないクレジットカードの存在。

確実に全てを洗い出し、設定を変更しておきましょう。

最近使う割合が少ないというカードは全て停止処理を行う。

一般の無料系のクレカも売買契約後から住宅ローン審査前までにきちんと処理を進めておくことが大切。

中古マンションだから安心はもう古い!

中古マンション住宅ローン審査通らない落ちる要素

マンション探しをする上では、希望エリアの多くは駅近くに出てくることが多い。

当然、立地が良い点は住宅ローン審査の申込案件におけるよい条件とも見える。

しかし、あくまで過去の建物であり、数年経って、立地だけでなく、総合的に評価の高いマンションは少ないのが現実。

中には、立地だけでなく、需要も安定していて3年、5年、7年、8年と経過しても新築時の価格から400万円前後しか落ちない。

地方の中には、こんな物件も実際に調べていくと出てくることもある。

実際に私のケースでも、2018年の評価額が、買い時と言われた昔の物件で、200万円程度しか下落していない。

このような場合でないと、本当に影響を気にしないで大丈夫とは言えないのも現実。

あくまで、新築マンションの市場相場とその場所の中古の差額を見ると、意外と一般の会社員でも相場の観察はしやすい。

万が一、非常に下がっていると感じるような場合は、少しでも申込金を少なくするほうが通りやすくなるケースもある。

一般的に建築からの基礎年数で固定資産税などの税金は減額されていく。

しかし、その分管理費や修繕積立費は上がっていく。

このバランスをしっかり周辺も徹底して比較しがら、頭金の用意を含めて目安を決めておくことが流れの中で大切になります。

では続いて、中古住宅住宅ローン審査に落ちる、通らない人が上記以外の原因で落ちる要素をご紹介していきます。

 

中古住宅ローンの審査で落ちる、通らない典型例

中古住宅住宅ローン審査落ちた通らない人の原因

中古住宅購入前の住宅ローン審査に通らない、落ちた人達からの相談を受けて驚いた内容があります。

この記事をご覧のあなただけは絶対にしてほしくない原因をご紹介していきます。

中古住宅住宅ローン審査に落ちる、通らない原因は本人だった!

中古マンション住宅ローン審査に多い誤解

本人が原因。

これは、先程ご紹介した内容が酷すぎるという問題ではありません。

根本的な問題として、以下のような行動が原因に落ちた、通らないの結果になった事が濃厚なのです。

  • 契約社員や派遣社員で勤続年数がぎりぎりの状態で審査を受けた。
  • 自己資金の口座にある残高もほとんどない状態で審査を受けた。
  • 生命保険やスマホなどの現在の支払い状況の詳細を確認しないまま払えるかもしれないと思って申し込みをした。
  • 正社員の中でも営業の仕事を表向きだけでも事務職とするのを忘れた。
  • 返済比率という中に2年以内の売買契約をした内容をほとんど説明していなかった。

これが主な原因です。

1つ1つ細かくご紹介していきます。

住宅ローン審査に落ちる申し込み方法は物件確定が必須の理由

中古マンション住宅ローン審査通らない原因

住宅ローン審査というのは、その名の通り、住宅の価値を見る審査。

よって、いくら本人がいても、住宅購入予定地が不明なままでは担保想定で不明。

しかし、銀行は、住宅ローン申込件数が欲しい商売。

ですから、簡単に申し込みは受け付けます。

結果はというと、問題がありそうでも物件があったら緩和されるはずの内容も問答無用で却下の回答。

こんな結末に至るのです。

ですから、確実に物件の購入予定の見積もりを持参して申し込みをすることを強くお勧めします。

住宅ローン審査に落ちる申し込み方法は見込み額も危険

中古マンション住宅ローン審査通らない理由

住宅ローン審査を受けたい!

焦りと中古住宅という売れてしまうかもという焦り方ついつい行動に繋げてしまう。

これが、完全に落ちる原因につながるリスクとも知らずに。

なぜなのか?

住宅ローン審査における年収、勤続年数は、すべて既存データがベース。

見込み年収、見込み年数というのは、何か自分に都合が悪い事がある可能性が高い。

このように住宅ローン審査は進みやすくなります。

よって、あなたがまじめに過去の給与明細合計額から11ヵ月分を足し算して、来月の見込み額を足し算した年収提示をしても全く無意味。

住宅ローン審査には、あなたは11か月でしかないのです。

ですから、最低条件を満たす前に安易に事前申し込みをする。

この行動も確実に住宅ローン審査の落ちる、通らない原因になりますので、注意してください。

住宅ローン審査を見込み予算で申し込みもありえない

中古マンション住宅ローン落ちる原因

「住宅ローン審査について、自分たちで買える金額を知りたい!」

こうした気持ちを行動に繋げてしまう方も多いです。

例えば、年収350万円の方がいたとします。

この方が通りやすい金額を知りたいために、

年収×6倍と想定して、2100万円の住宅ローン仮審査を申込み。

こんな結末は、ほぼ却下。

先程伝えたように、いくらくらいまで借り入れ可能かを確認するのが住宅ローン審査ではありません。

あくまでも、住宅ローン審査結果の答えは、現状のあなたの状況と物件の価値から貸し倒れリスクが少ないかどうかを確認するため。

よって、あなたに貸せる金額を教えます的なサービスを受け付けるための住宅ローン審査窓口は存在しません。

ローンの仕組み自体はどこもそこまで変わりません。

申込をする人が不利になるのは、あくまで基本となるのが、勤務先の勤続年数や資産、借入状況。

上記3つを含めてきちんと自分の状況を把握しているといえるかどうか。

書面上のやり取りですが、基本的に本審査はcicなど銀行の担当者が介入できない外部に委託する仕組みになっている。

つまりは、ローンという商品に対して、流れとして通ってしまえばラッキーのような記載の曖昧なものを用意すると徹底して確認が入る。

そして、すでに提出した内容と違う情報が出てきた場合は?

この用意ができていないのもかなり問題になりやすい。

税金、スマホなどの遅延、滞納、延滞を含めてしっかり詳細をチェックして全て偽りのない書類作成をする事が重要です。

 

中古住宅ローン審査通らない個人の問題

中古マンション住宅ローン審査前準備

1年以上かけていろいろな物件一覧から候補を探す。

その後、住宅ローン審査と年齢を気にして、少しでも審査の影響が少ないタイミングを狙う。

この考え方は、決して間違いではない。

しかし、個人の状況等によっては、別に年齢が高くても若くても同じような影響を受けてしまう要素がある。

審査基準を気にするなら一番はスピード

当然住宅ローンの返済を完済させる時間と言うのは、5年、10年というケースは少ない。

こうなると、安定した収入や家族の世帯人数なんてことよりもやはり銀行としても同じ金額を借入してもらうなら、1歳でも若い方が安心がある。

その1つの要素に、以下のような比較ポイントがある。

病気などのリスクにより、団信(団体信用生命保険)加入審査に通らないケース。

こうした年齢と健康等のリスクが高くなるのも事前審査の段階で年齢を優先順位を高くしている理由の一つ。

今仮に少しでも何か健康と病気という点で、不安を持つことがあるなら、早めの申し込みが得策になります。

数年前と変わった安心エリアの評価

中古マンション住宅ローン審査以前との違い

少し前と今で徐々に変わってきていることがある。

それは、リノベーション需要が高まりを見せる事における変化。

一方では、人気のエリアは急いで売らなくても毎月問い合わせのある安心を持つエリア。

もう一方では、リノベーションをしたあとでも、年間1件、2件程度の問い合わせしかない物件。

このような状況を銀行側もきちんとチェックしているケースもある。

家賃のある程度安定したエリアのキーワード。

店舗などの賃貸運営も審査通過に個人が厳しくなった時点で検討が可能にしてもらえている物件。

複数の候補があれば、住宅ローンを組む希望者も増える。

だからこそ、借入金の返済遅れを懸念する必要があるような方は、積極的には扱わない。

こうした保険や取得の年齢、過去のカード決済などの記録。

総合的判断を保険を含めて、検討する時、別の不動産会社の方が条件が良かったから落ちた。

このようなケースも珍しくない。

中古マンションローン審査の事例は手元の残金も重要

実際に住宅ローン返済中の状況では、中古マンションの場合は、手元の資金と雇用形態という2つも重要視される事例がある。

例えば、転職を続ける一人暮らしで長く住む賃貸住宅よりもかなり高い物件に変わるケース。

このような場合、一戸建てとは違い、中古マンションは一定の管理費や修繕積立費などの決済が必ず必要になることが多い。

こうなると、抵当権を設定した後の生活で、手元の資金が厳しく、遅延等を起こす可能性も言ってくるケースはある。

転勤の可能性はあるのか?

給料の減額の実績はあるのか?

仕事の業種や職種的イメージ。

このような内容を金融機関は、理解してあげたいが、やはり離婚などと同じで、将来の仕事の先を読んでいく必要がある時代であることも事実。

あくまで支払いを続ける余力があるのか?

このような視点で、資料なども見ながら、払っていくべき金額と使える額の状況。

さらに、勤務の変更など今と異なる条件になるリスク。

こうした暮らし全体の自身の状況に対する考え方。

これらは、地銀とメガバンク、ネットバンク等により、非常に価値の違いがあるのも感じる事が出来た。

ですから、あなたは住宅ローン審査を受けるために最低条件を満たし、万全の状態と見越した状況から申し込む。

これが絶対条件なのです。

この先に待ち構える銀行との相性については、いくら調べても公開される事が少ないのがネット。

そこで、

あなたが本当にしなければいけない住宅ローン審査通過のための行動。

この点については、

中古住宅の住宅ローン審査通過秘策

にてご紹介していますので、ぜひ一度じっくりご覧ください。

この他の内容で、中古住宅の住宅ローンについて、見逃しポイントが無いかチェックしたい方は、

中古住宅住宅ローン審査準備まとめ

にて様々な住宅ローンの素朴な疑問をご紹介していますので、併せて参考にして下さい。

あなたがもし住宅ローン審査にお困りでしたら、コメント欄にてご連絡ください。

いきなり公開にはなりませんので、あなたの知りたい情報を教えて頂ければ、明確な回答をさせて頂きます。

中古住宅については、ローン控除についてもご紹介しています。

中古住宅ローン控除申請手続き方法

実際に年収300万円世帯の契約社員が全く通らないという体験スレも参考にして下さい。

契約社員世帯年収300万円台が審査に通らないスレ(知恵袋)

この記事があなたの住宅ローン審査の誤解やこれからを通過につなげられる事を願っています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ