中古住宅住宅ローン審査に落ちる原因まとめ

中古住宅ローン審査の年数、フラット35など知るべき情報をまとめてご紹介しています。

このページをご覧いただきありがとうございます。

中古住宅購入時に多くの方が使うはずの住宅ローン。

審査に通らない、落ちるか不安。

こうした悩みを漠然と抱えてしまい、行動が出来ない方も非常に多い現代。

中古マンション,戸建て住宅ローン審査に落ちた、通らない時に意識しておくべきこともご紹介しています。

中古マンション,戸建て住宅ローン審査組めない通らない人に多い失敗原因

私のサイトは、中古住宅購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような私の体験を活かし運営しています。

私自身も中古マンション不動産オーナーである。

住宅ローン審査で、新築でも仮審査、本審査に落ちたけど、最後には通過させた体験。

身内が中古住宅一戸建て購入をする際に相談役を経験。

身内が中古住宅一戸建てをローン残債がありながらも売却する時の相談役を体験。

住宅関連企業で、中古住宅のリフォーム相談担当業務経験。

このように、中古住宅購入ブログとは違い、現場の知識、経験や不動産オーナーとしての目線を含めて各記事で注意点等をご紹介しています。

実際に住宅ローンを2015年に体験し、落ちた経験も持つ私が実際に審査通過までに知りえた情報について、以下の内容をご紹介しています。

中古住宅ローン頭金なしのリスクは?

中古住宅ローン金利選びの誤解注意点

中古住宅ローン年数の選び方注意点

中古住宅はフラット35で審査に通りにくい?

中古住宅ローン審査に落ちた、通らない人の原因

中古住宅ローン控除はあるのか?

以上の内容についてご紹介していますので、1つ1つじっくりと確認しながらご覧ください。

中古住宅ローン頭金なしのリスクは?

中古住宅ローン頭金なし

まずは、住宅ローン購入準備に関わる頭金という課題。

・頭金なしはローン審査に影響するのか?

・頭金なしはローン審査の優先順位にあるのか?

・頭金なしより住宅ローン審査で重要な事

こうした内容について、体験からじっくりご案内しています。

詳しくは、

中古住宅の住宅ローンに頭金なしはリスク?

にてご紹介していますので、じっくりご覧ください。

では続いて、

中古住宅ローン金利の選び方についてご紹介してます。

 

中古住宅ローン金利選びの誤解注意点

中古住宅ローン金利

住宅ローンを選ぶ。

中古一戸建て、中古マンションどちらを購入予定でも、多くの方が利用する住宅ローン。

選ぶ時に金利ばかりを見ていませんか?

「中古物件だからこそ、金利より重要な〇〇。」について、

中古住宅ローン金利選びの誤解と失敗注意点

にてご紹介していますので、今の自分の銀行選びの見直しやチェックに活用して下さい。

では続いて、

中古住宅住宅ローンについて、返済年数の課題についてご紹介していきます。

 

中古住宅ローン年数の選び方注意点

中古住宅住宅ローン年数選び方

中古住宅という課題を考えた上での住宅ローン年数の選び方。

住宅ローン返済計画と人生設計を照らし合わせながら、年数選びをご紹介しています。

中古住宅ローン年数の選び方注意点

にてご紹介してますので、あなたのお子様の計画やリフォーム計画を含めてじっくりご覧ください。

では続いて、

返済期間に関係性が高いフラット35審査についてご紹介していきます。

 

中古住宅はフラット35で審査に通りにくい?

中古住宅フラット35審査通過のための申し込み方法注意点

中古住宅購入検討中の方で、住宅ローン金利選びの候補になりやすいのが、フラット35。

しかし、

中古住宅がすべてフラット35審査に強いのか?というと違います。

・中古住宅でフラット35審査と相性の悪い物件とは?

・中古住宅でフラット35審査と相性のいい物件とは?

・中古住宅でフラット35審査通過の可能性を遠ざける申し込み方法

等について、私が実際に知りえた情報を基にご紹介してます。

詳しくは、

中古住宅のフラット35審査通過の難易度とは?

一歩間違えると通りやすいのも通らなくなってしまうリスクがあるフラット35.

さらに、

フラット35は一度審査に落ちてしまうと5年間はいかなる銀行からも申し込みできません。

ぜひ慎重に対応してください。

では続いて、

中古住宅ローン審査に通らない、落ちたという相談から見えた実態をご紹介していきます。

 

中古住宅ローン審査に落ちた、通らない人の原因

 

中古住宅住宅ローンに通らない

中古住宅購入予定の方が住宅ローン審査に落ちた、通らない。

この相談が2016年私の元に増えました。

しかし、

よく聞くとこの方たちの多くが共通の誤解をしていました。

この誤解はかなり致命的であり、ほぼ通らない条件。

中古住宅ローン審査に落ちた、通らない人の共通の原因

にてご紹介していますので、自分の計画に間違いがないかを含めてじっくりご覧ください。

では続いて、

住宅ローン審査を無事通過させた後の住宅ローン控除についてご紹介していきます。

 

中古住宅ローン控除はあるのか?

中古住宅住宅ローン控除は受けられる?

中古住宅を無事購入が出来たとして、住宅ローン控除は対象?

この課題についてもしっかり明確にご紹介しています。

・中古住宅に住宅ローンを使っても控除には条件がある!

・中古住宅ローン控除を受けるには?

・中古住宅ローン控除をするまでのスケジュール

以上の内容について1つ1つ条件を含めて明確にご紹介しています。

詳しくは、

中古住宅購入でもローン控除は受けられるの?

でご紹介しています。

中古住宅ローン控除申請手続き方法

あなたの住宅ローン控除計画を確認する意味でも必ず確認しておいてください。

では最後に、

中古住宅と住宅ローンという組み合わせを出来るだけ審査通過につなげるコツをご紹介していきます。

 

中古住宅購入前に知っておくべき住宅ローン審査通過のコツ

中古住宅と住宅ローン審査の相性

中古住宅を購入するためには住宅ローン審査が必須。

こういう条件の方が圧倒的多数である現代。

「住宅ローン審査通過には何を準備すべき?」

この答えを探している方は非常に多いです。

しかし、大抵の情報は、スムーズに通った又は落ちたという情報ばかり。

ネットで調べていても、

「自分の条件になるとどうなるのか?」

必死に自分の条件に近い人の条件を探している方が多い。

でも、この努力は正直無駄でしかありません。

その根拠を含めて、私が同じ経験をしたからこそ見えた、

ネット検索結果は無駄と思い知らされた住宅ローンの隠された実態!

にてご紹介してますので、まずは住宅ローン審査準備と通すためにに何が必須なのか?

この点について正しい認識を持ってください。

 

住宅ローン審査を中古住宅で通すため物件選びでこだわるべきポイント

中古住宅ローンを通すポイント

中古住宅を購入する時の住宅ローン審査と新築の違いは何か?

この点を知ると、購入の時期や頭金計画等の優先順位も見えてくる。

ではポイントをご紹介していきます。

住宅ローン審査で中古住宅でこだわるべきポイント1.建物

建物ってやっぱり住む拠点だし、新しい方が資産価値も高いはずだ。

こうした選び方をしている方ほど、ローン審査の査定額との差に驚いてる事が多いです。

何故か?

そもそも中古住宅の中でも一戸建ての建物価値と言うのは、約何年で価値がほぼゼロか?

この考え方で最も多いのが、5年と言われているのをご存知でしょうか?

私自身も一戸建て購入後に知って驚かされました。

中古住宅の査定額の大抵は、土地の査定額である。

この点を知っておかないといくら良い建物があった物件も価値が半減してしまうのです。

住宅ローン審査で中古住宅でこだわるべきポイント2.土地

土地の選び方では、住宅ローン審査の査定で何がメリットになるのか?

この点を簡単に言うと、以下の内容がチェックポイントになります。

  • 土地の形
  • 土地の広さ
  • 土地の地震、津波などへの影響しやすさ
  • 立地

最近は、土地の大きさだけではあまり価値が出ない地域もあります。

100坪の土地に、30坪の家。

この家の価値と50坪の土地に30坪の家。

どちらかと言えば、100坪の方がお得に感じる人も多いと思います。

しかし、査定は、立地場所にも寄って簡単に小さな土地でも資産価値を認める事が多いです。

住宅ローン審査で中古住宅でこだわるべきポイント3.需要

需要というと、未来予測のようで難しいと感じる方も多いです。

しかし、近くに何か建設予定のスポットがあるのか?

このように探すなら、誰でも簡単に調べることもできますよね?

需要と言うのは、当然人の価値により異なります。

しかし、単身、家族どちらにも便利な施設が近くにあるというのは、需要が高まる証拠でもあります。

例えば、ショッピングモール等の建設もわかりやすいですよね?

大型施設が出来ても、一定のスポーツ等という場合は、需要が小さい。

できるだけ生活に密着した需要が出そうな動きに注目する。

この事が査定額が高そうか見極めるためにはポイントになります。

まずはこうしたポイントからチェックして比較してみて下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ