住宅ローンアドバイザー相談窓口の選び方注意点

中古住宅のローンを住宅ローンアドバイザーに相談したい!

中古住宅ローンの借り換えを住宅ローンアドバイザーに相談したい!

こうした目的をお持ちの方の為に、無料で誰でも簡単に自宅で相談出来る方法をご紹介していきます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、住宅ローンアドバイザーへの中古住宅のリフォームや借り換えについて、

中古住宅で住宅ローンアドバイザーに相談する前の注意点

中古住宅で住宅ローンアドバイザー相談を活用するメリット

中古住宅の住宅ローンアドバイザー相談で失敗しない選び方

以上の内容について、住宅ローンを相談する時のポイントを含めてご紹介していますので、活用してみて下さい。

中古住宅で住宅ローンアドバイザーに相談する前の注意点

住宅ローンアドバイザー相談前の注意点

中古住宅における住宅ローンを相談する時の注意点をご紹介していきます。

中古住宅だからこそ注意すべきローン相談1.住宅市場への知識量

中古住宅市場を知らずにただ単に住宅ローンアドバイザーに相談をするのは要注意!

その根拠は?

「中古住宅における今の計画と今後の将来設計を提案する力が問われる為。」

住宅ローンアドバイザーの仕事は、

・住宅ローンの返済計画

・申込の流れの説明

・住宅ローン実務における知識

こうしたことを主に行っています。

よって、住宅の特長や事情を考慮しているわけではありません。

ですから、住宅ローン自体の支払いは解っても今後の中古住宅へのメンテナンス等が見えない。

この課題をもつ方は正直、住宅ローンアドバイザーへの相談が意味をなさないのです。

中古住宅だからこそ注意すべきローン相談2.肩書使用者

銀行にいる住宅ローンアドバイザーへ相談。

この方法は、正直私はオススメできません。

なぜか?

銀行にいるという時点で、結果的には銀行の言いなりでしか案内が出来ません。

結果的には、あなたが得になる説明をするためではなく、あくまで肩書を利用するためだけの資格所有者。

こうした環境が銀行には多いです。

住宅ローンアドバイザーへの相談を目的にするなら、銀行はやめておきましょう。

では続いて、

中古住宅について、住宅ローンアドバイザーへ相談するメリットがあるケースをご紹介していきます。

 

中古住宅で住宅ローンアドバイザー相談を活用するメリット

中古住宅で住宅ローンアドバイザー相談を活用するコツ

中古住宅の特性を理解しながら、住宅ローンアドバイザーへ相談する事がメリットになる事例をご紹介していきます。

中古住宅で住宅ローンアドバイザーを使うメリット1.借り換え

中古住宅の住宅ローンにおける借り換え相談。

この場合は、住宅ローン知識や手続き等必要な情報を持つ担当と会えればメリットは高いです。

具体的には、

・住宅ローン返済計画の中での返済負担率の計画性

・住宅ローン借り換え時の状況と通りやすい落ちるの判断力

こうした内容を確認することが出来ると思います。

アドバイザーですので、こうした計画も出せない場合は資格だけを持つ現場経験の少ない人である可能性も有ります。

中古住宅で住宅ローンアドバイザーを使うメリット2.おまとめローン

中古住宅を購入後にリフォームを検討する。

こうした方には、ぜひ知っておいて損がないのが、おまとめローンに借り換えをする方法。

・リフォームローンを組まずに済む

・借り換えにより、一本化が可能になる

・金利の高い時の借入なら返済負担額の軽減に繋がる

こうした事を踏まえて、ただローンを紹介するのではなく、まとめる手法を提案してくれる事が期待できます。

中古住宅で住宅ローンアドバイザーを使うメリット3.あなたの味方

中古住宅の住宅ローンを相談する。

住宅ローンアドバイザーが銀行以外の場所で居る場合はメリットになる事もあります。

根拠は、

・銀行の特性をデータで持つ可能性がある。

・あなたの特性に合わせた銀行の提案が出来る

・住宅ローン返済を出来るだけスムーズに対応してもらえる

こうしたメリットはあります。

貴方の味方になってもらう住宅ローンアドバイザーへの相談方法を知る。

この点を最後にご紹介していこうと思います。

 

中古住宅の住宅ローンアドバイザー相談で失敗しない選び方

中古住宅住宅ローンアドバイザー相談失敗対策

中古住宅の住宅ローンをアドバイザーに相談するための失敗後悔対策。

この点を根拠を持ってご紹介していきます。

中古住宅の住宅ローンアドバイザー選び方1.会社全員が資格保有者

不動産業界によくあるのが、宅建という資格。

しかし、保有者は全員であることはめったにありません。

ほとんどの会社が持っている人もいる。という状態。

しかし、住宅ローン審査などのように1日1日が勝負の世界では全員が保有してこそ意味があります。

・担当がいなくてもすぐに対応してくれる体制。

・住宅ローン案件を少しでも多く持つ会社。

こうした事を重点的に選ぶと、当たり外れの心配を減らす事ができます。

よって、住宅ローンアドバイザーの相談窓口を選ぶなら、誰にでも相談できる会社単位で見る。

これが、最初の失敗後悔対策です。

中古住宅の住宅ローンアドバイザー選び方2.住宅業界とつながりがある

中古住宅である以上、工務店やハウスメーカーの情報をよく知る会社である必要があります。

この結果は何を意味するのか?

住宅市場が解っていなければ結果的には、住宅ローンだけの案内にとどまってしまいます。

私が信頼している会社は、元工務店が大きくなって、住宅ローンアドバイザーを専門に扱った会社。

こうした会社はまずほとんど見られないと思います。

私自身も住宅業界に勤務したからこそ、中古住宅の情報を紹介できます。

結果的に、住宅ローン相談を受けるだけの仕事にしない会社。

これが私が貴方に伝えたい住宅ローンアドバイザーを選ぶ注意点となります。

私のここまでの情報をご覧頂きありがとうございました。

もし、あなたがこれから住宅ローンアドバイザーへ相談したいのであれば、

私が信頼している住宅ローンアドバイザーに無料相談出来る会社

にてご紹介してますので、興味があれば参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ