中古住宅はフラット35で審査通らないの?選び方チェックポイント

中古住宅とフラット35審査の相性選び方のポイントをご紹介しています。

中古住宅購入に向けて、フラット35を使いたい。

住宅ローン審査は通るのか?

こうした疑問についてこの記事で選び方のチェックポイントをご紹介していきます。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、中古住宅とフラット35審査の相性について、

中古住宅はフラット35で審査にリフォーム済は関係ない?

中古住宅もフラット35で審査に通りやすい物件の特徴

中古住宅をフラット35で審査が通りにくい申込方法

以上の内容についてご紹介してますので、住宅ローン選びの参考にお役立て下さい。

中古住宅はフラット35で審査にリフォーム済みは関係ない?

中古住宅フラット35相性リフォーム済物件

中古住宅はフラット35審査に通りやすいのか?

という内容について、

「中古住宅を選ぶ上でメリットだと感じている人も多いリフォーム済物件の価値。」

この点について、フラット35審査との相性についてご紹介していきます。

中古住宅はリフォーム済でもフラット35に価値が無い根拠

中古住宅の住宅ローン審査を選ぶ上で最も注意すべき事。

それは、

フラット35の審査の仕組みを知る事。

そもそもフラット35による住宅ローン審査の具体的な審査対象は何?

この答えが、リフォーム済みの価値を感じさせてくれないという事に関連します。

フラット35審査の特徴は、以下のとおり。

個人より資産価値に審査の重みがいきやすい。

住宅の資産価値よりも土地の資産価値の方が評価されやすい

住宅が豪邸であったとしても資産価値は、単純に経年計算される。

このような特徴があります。

ですから、

いくら中古住宅をリフォームしてあったとしても資産価値には反映しにくいのです。

もともと販売されていた計算。

固定資産税を計算した結果。

この状況から現状の判断における資産価値が審査されます。

よって、

土地の価値が高くなければ、豪邸も水の泡に近いのです。

つまりは、

リフォーム済の中古住宅に資産価値が+評価になる可能性は極めて低いのです。

では続いて、

中古住宅のフラット35に対する相性の良い中古住宅をご紹介していきます。

 

中古住宅もフラット35で審査に通りやすい物件の特徴

中古住宅フラット35審査に通りやすい物件

中古住宅の中で、フラット35審査に通過しやすい物件の特徴をご紹介していきます。

中古住宅とフラット35相性バッチリなのはやっぱりマンション

土地という査定が強く出やすい住宅ローンであるフラット35。

資産価値を計算する上で、マンションの特徴をご紹介していきます。

・中古マンションは、その土地に立つ一戸建てより需要も出やすい

・中古マンションは、賃貸等の資産価値も出る物件もある

・中古マンションは、同じ土地の広さでも階層も資産価値に入る

こうした内容を見ていくと、同じ土地の広さを有する一戸建てよりも資産価値は崩れにくいのです。

よって、

35年担保となる住宅ローンの審査対象として非常に相性が良いのです。

フラット35適応物件を探すなら、まずは中古マンション探し。

これが私が過去に住宅ローン審査について教えて頂いた情報。

ぜひ実態を見てきた中の情報なので、参考にしてみて下さい。

では最後に、

中古住宅をフラット35で通りにくくなってしまう審査の受け方についてご紹介していきます。

 

中古住宅をフラット35で審査を受ける時通りにくい申込方法

中古住宅フラット35審査落ちる申し込み方法

中古住宅をフラット35で申し込みをする際に注意してほしい申し込み方法。

フラット35の仕組みを勘違いしてついつい多くの方が知らずに落ちやすい審査の申し込み方法を選んでいる現代。

まずは、落ちやすいフラット35審査申し込み法をしっかり知っておいてください。

中古住宅を問わずフラット35審査で絶対にやってはいけない事!

フラット35審査申し込みについて、落ちやすい申し込み方法。

それは、

銀行に申し込みに行くという方法。

「フラット35は住宅ローンでしょ?なぜ銀行に行かないの?」

これが大きな間違いの元凶。

何が悪いのか?

理由は、住宅ローンの中でもフラット35の特異的な仕組みが原因。

しかし、

多くの方はこの事実を知らず、

・最寄りの地方銀行でフラット35の申し込みを行う

・メガバンクを通じてフラット35の申し込みを行う

違いがあるかと思って行動をしています。

この2つの行動は何も変わりません。

結論は、銀行を通すからいいものでもありません。

これがフラット35の落ちる審査申込み方法なのです。

「ではどうやってフラット35の審査通過をさせるなら通るのか?」

もちろんこの答えもしっかり私は用意しています。

この答えについては、

住宅ローン審査全体の仕組みとあなたの相性を兼ねてリサーチが必要です。

詳しい内容をこのページの最後にご紹介しています。

 

私がなぜフラット35の仕組みについて知ったのか?

中古住宅とフラット35審査体験談

実際に、2015年2度住宅ローン審査を受けて落ちた私。

おのずと、徐々に知る機会を増やすことが出来ました。

そして、

無事私は自分の条件にあう銀行を見つける事が出来ました。

フラット35の審査に対し、条件はどうなのか?

あなたは審査を申し込みする前にこの点を知る事が重要。

そのための道しるべを私は持っています。

ですから、

無知なまま審査回数を消化したような私の過去の体験にならないようにして下さい。

あなたにはスムーズにフラット35審査通過を勝ち取る事が出来ると私は確信しています。

詳しくは、

住宅ローン審査通過秘策

にてご紹介していますので、ぜひ一度真剣に住宅ローンを検討している方はご覧ください。

きっと、あなたが初めて知る情報を目の当たりにするはず。

この他の内容で、中古住宅の住宅ローンについて、見逃しポイントが無いかチェックしたい方は、

中古住宅住宅ローン審査準備まとめ

にて様々な住宅ローンの素朴な疑問をご紹介していますので、併せて参考にして下さい。

中古住宅については、ローン控除についてもご紹介しています。

中古住宅ローン控除申請手続き方法

中古マンション,戸建て住宅ローン審査に落ちた、通らない時に意識しておくべきこともご紹介しています。

中古マンション,戸建て住宅ローン審査組めない通らない人に多い失敗原因

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ