中古住宅登記費用相場はいくら?新築諸費用との違い注意点

中古住宅購入注意点|登記費用は新築と違うのか?正しい計算方法をご紹介しています。

「中古住宅は登記費用が高いの?」

漠然とした中古物件を探す際の不安。

この点について、中古住宅と新築の違いを明確にしながらご紹介していきます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、登記費用について、

中古住宅に要する登記費用一覧

中古住宅登記費用は新築より高い?計算方法の違い

中古住宅登記費用は節約できるのか?

以上の内容についてご紹介していますので、費用を節約できる部分とできない部分を見分ける資料として活用して下さい。

中古住宅に要する登記費用一覧

中古住宅登記費用一覧リスト

中古住宅登記費用なんて言われても解らない人も多いはず。

そこで、

まずはどんな費用が、中古住宅登記費用にあるのか?

をご紹介していきます。

中古住宅登記費用はとにかく勘定項目が多い!

勘定項目 金額目安

(税抜)

ランク別項目ありで記載1 ランク別項目ありで記載2
所有権移転登記

(売買契約書無しのケース)

1万円
決済立会 1万円
本院確認情報の作成

・登記済証

・権利証

・登記識別情報失効等の場合)

4万円
抵当権設定登記(取得金額) 5千万円以下 1億円以下 1億5千万円以下
➔登記費用 4万円 5万円 6万円
所有権移転登記(取得金額) 5千万円以下 1億円以下 1億5千万円以下
➔移転登記費用 4万円 5万円 6万円
抵当権抹消手続き 1万5千円
建物滅失登記 3万円
所有権保存登記 2万円
住宅用家屋照明 1万円
全部事項証明書2通 3000円

このような対象物があります。

主なないようとして、

・所有権移転登記(土地、建物それぞれ)

・住宅用家屋証明書(銀行の住宅ローン審査用)

・抵当権設定登記(銀行の住宅ローン審査用)

・不動産登記情報(銀行の住宅ローン審査用)

こうした内容は、主に中古住宅一戸建ての場合には特に必要となります。

おおよそ費用目安は住宅ローンを使う方であれば、

報酬額+手続き費用で30万円程度が目安となります。

では続いて、

登記費用について、新築と中古住宅の違いをご紹介していきます。

 

中古住宅登記費用は新築より高い?計算方法の違い

中古住宅登記費用計算方法新築との違い

中古住宅取得の場合は、登記費用が高くつく?

この理由を解りやすく計算方法を含めてご紹介していきます。

中古住宅と新築の登記費用の決定的な違いは国税にある!

住宅購入と考えれば同じ内容に見える登記費用。

しかし、

登記は、新築と中古住宅により明確に異なることがあります。

1.登記免許税

登記免許とは、新築建物部分について、表示登記というものがあります。

看板みたいな物が建っているよく見る責任者等を記載した内容。

しかし、

中古住宅の場合は、この表示登記は存在しません。

この点がまずは決定的な違いとなります。

中古住宅と新築の登記費用の決定的な違いは計算の軸も違う!

中古住宅と新築では計算される大本が異なります。

中古、新築物件の登記内容の違い 計算機順
新築建物は保存登記 登記免許税の課税標準額書×0.15%
中古住宅は移転登記 固定資産税評価額×0.3%

固定資産税評価額と登記免許税。

全く違う最初の計算軸。

よって、

登記という費用を単純に中古住宅と新築で比較すると、当然ながら手間を要する分、新築の方が安くなるのです。

では最後に、

中古住宅の登記費用は節約できるのか?という点についてご紹介していきます。

 

中古住宅登記費用は節約できるのか?

中古住宅登記費用節約注意点

住宅ローン手続きに要する内容も多い登記費用。

中古住宅購入時、少しでも安くする為に登記費用は節約対象?

この内容についてご紹介していきます。

「中古住宅登記費用で節約」は間違いである根拠

中古住宅購入時に登記費用は主に住宅ローン審査に要する事が多い内容。

そこで、

「銀行の支持通りに行うべきか登記代行を探すべきか?」

こうした節約のつもり行動を取る方も多いです。

しかし、

銀行の住宅ローン審査と言うのは、非常に立場が低いのです。

住宅ローン審査は、銀行の中だけで行われるものではありません。

あくまでも本審査は全て外部機関による審査となります。

よって、

「移転登記等の手続きを自分たちの作業速度の理解をしている人に任せたい。」

これが銀行の本心。

ですから、

銀行の言いなり防止という強行手段で節約に走るのは間違い。

こうした登記費用数万円の節約をする事はオススメできません。

スムーズな住宅ローン審査。

この言葉を最優先に考えて、登記費用は節約より時間を優先に投資しておくことをオススメします。

「中古住宅登記費用より節約できる」は確実にある根拠

中古住宅とはいえ、確実に住宅購入費用を節約できる項目は全く別の物の方が得が多くなります。

例えば、

・引っ越し費用

・ひかり回線等のインターネット利用料金

・リフォームを必要としない設備選び

中古住宅購入後に生活に密着する生活費を節約する事が出来れば、登記費用節約の金額よりも確実に金額は大きく節約できます。

ついつい最初に払うだけの考え方になりますが、こうした考え方ではなく生活トータルに費用を広げて考えましょう。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ