一戸建て中古住宅購入費用相場で失敗後悔しない選び方注意点

中古住宅一戸建て購入費用を相場で選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

中古住宅にも購入前の準備として費用相場をチェックしている方も多いです。

中古住宅費用相場って一体何が注意点なの?

中古住宅費用でも相場よリ安い良い物件ってあるの?

中古住宅費用は相場より高いと待つべき?

このような相場と言う言葉と購入のタイミングを迷う方も非常に多いのです。

中古住宅購入前の注意点もご紹介しています。

中古一戸建て購入注意点優先順位ベスト5とその根拠よくある誤解

私のサイトは、中古住宅購入時の注意点や購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから以下のような体験を軸に運営しています。

私自身が住宅購入経験を新築ですが、マンション、一戸建てで経験してる事。

住宅ローン審査には、新築でも仮審査、本審査に落ちた経験と通った体験。

私の身内が実際に中古住宅を購入した家に何度も足を運んだ体験。

私の身内が実際に中古住宅購入後住宅ローン残債があっても売却を決意した際の相談体験。

私が、住宅関連企業にリフォーム、新築両方に関わった経験から知る知識や大工さんに聞いた実態。

住宅ローン借り換えを2017年2月に成功させた体験。

このように、中古住宅購入ブログなどとは違い、現場の知識や身内の体験、住宅ローンに落ちたからこそ伝えられる借り換え価値等もご紹介しています。

この記事では、中古住宅一戸建て物件を選ぶ際に意識したい「費用相場」について、以下のような内容でご紹介しています。

一戸建て中古住宅相場選び方の失敗後悔原因

一戸建て中古住宅相場選び方の注意点

一戸建て中古住宅相場選び方の比較ポイント

ぜひ中古物件を探す時の情報源として活用して下さい。

一戸建て中古住宅相場選び方の失敗後悔原因

一戸建て中古住宅費用相場の失敗後悔原因

中古物件家探しをする際に失敗や後悔をしている原因をご紹介していきます。

一戸建て中古住宅費用相場が後?失敗後悔する人が探す選び方の特徴

家を買う。

この響きから、どうしても費用相場を考える時、失敗後悔する人の目線をご紹介していきます。

  • 外観
  • 間取り
  • 住所
  • 値段
  • 月々の負担額

まさに、不動産雑誌に書いてある情報だけが探されたような状況。

家探しを中古住宅でさらに一戸建てで探すという場合は、費用相場を確認する上で重要なのは、こうした表面情報ではありません。

では何を基準に見ていくのか?

この点は後ほどご紹介していきます。

一戸建て中古住宅費用相場より失敗後悔する人の比較ポイント

中古住宅一戸建てを選ぶ際に、費用の相場という点から失敗後悔する人の比較するポイントの特徴をご紹介していきます。

・中古物件を探すから中古同士を比較しなければ意味が無い

・中古物件なんだから少しでも年数の新しい物件の方が良い

・中古住宅で一戸建てならデザイナーの物件はお得なはず。

正直、全て違います。

重要なのは、こうしたポイントではなく、比較する対象もこうした探し方では正しい相場理解が取れないのです。

一戸建て中古住宅費用相場より失敗後悔する人が見ていない事

一戸建て中古住宅を見ている方が、心配しなければいけないのは費用相場を表面的に考えない事。

つまりは、

・未来予測

・地方の開拓予定

・相場の変動予想

こうした事を踏まえて、考えておく必要があるのです。

この根拠は後ほどの注意点と併せてご紹介していきます。

失敗後悔する人の特徴というのは、単純に言えば、表面的に出てきやすいデータのみの比較をする。

これが、最も意識していただきたい事だと私はこの記事でお伝えしたかったのです。

では続いて、

一戸建て中古物件を探す時の費用相場選び注意点をご紹介していきます。

 

一戸建て中古住宅相場選び方の注意点

一戸建て中古物件購入前注意点費用相場

費用相場を確認する際に是非意識していただきたい注意点をご紹介していきます。

一戸建て中古物件費用相場はこんな裏もあります

失敗後悔する原因にはまだまだいくつかご紹介できていない事もあります。

しかし、

優先的に考えていただきたい注意点から徐々に深掘りして頂きたいと思い、この記事をご紹介しています。

最初に注意していただきたいのは、一戸建て中古住宅費用相場における希少性に関する付加価値。

この点はなぜ注意点なのか?

それは、失敗後悔ランキングベスト5に入ってるのはほとんどが家の中の状況であるから。

希少性が出る中古住宅一戸建てとは、代表的なパターンとして、以下のような条件があります。

輸入住宅。

周囲にはあまり建っていない会社の建物。

土地の広さ。

という様なあくあまで市場の中で珍しいというだけの付加価値も多いのです。

すると、購入者の中には、以下のような考え方を持つ方もいらっしゃいます。

「同じ金額で珍しいおしゃれな家を買えるなら得なはず。」

こんな気持ちを持ちやすい方が多いのです。

しかし、希少性とは全く逆にメンテナンス費用相場も高い。

単純に維持費が掛かり過ぎる場合もあります。

よって、安易に外見基準に価格相場比較をしてはいけないのです。

一戸建て中古物件費用相場はこんなバランスも重要

中古住宅市場価値というのは、費用相場は2つ要素を考えなければいけません。

・費用の土地に対する価値価格

・費用の建物に対する価値価格

このバランスにおいて最も優先すべきは、土地。

区画整理予定地の土地を今の坪数で購入するのは損ですよね?

このように、費用相場を単純に広さや建物面積等のデータだけで比較しては危ないのです。

家を買うという為に必要な住宅ローン審査に担保になる中古住宅の市場価値。

この点を十分注意して費用比較を実践していきましょう。

一戸建て中古物件費用相場は年数でこんなリスクも注意点

一戸建て中古住宅だからではなく、中古住宅市場にいえる費用相場選びの注意点はメンテナンス費。

住宅市場というのは、10年~15年サイクルで、故障や修理が発生しやすいと言われています。

ということは、「築8年の中古住宅と築13年の中古住宅を費用相場で比較するなら?」という時、リフォーム歴も重要になるのです。

築8年メンテナンス歴0回に対し、築13年メンテナンス歴1回。

中古車であれば事故修復歴になる様な内容も、家の場合なら新品に交換しているというメリットに変わります。

購入後のメンテナンスまでの期間が少しでも長い物を選ぶ。➔車検までの月数が多い車を選ぶ。

このような比較をする事も非常に重要な失敗後悔対策注意点といえるのです。

直してるから悪い。これは大きな誤解であることも知っておくべきなのです。

では最後に、一戸建て中古住宅を費用相場で比較するべきポイントをご紹介していきます。

 

一戸建て中古住宅相場選び方の比較ポイント

一戸建て中古住宅費用相場比較のポイント

一戸建て中古物件を費用比較する際に失敗後悔しない為の比較ポイントをご紹介していきます。

中古住宅一戸建てと近所の新築一戸建て建売費用相場も必ず確認する

なぜ中古住宅を買う人が、新築一戸建て費用相場も確認する必要があるのか?

これは、土地の市場価値をしっかり見極めるため。

土地の価値というのは単純に建物が無い方が高いです。

さら地にウワモノと呼ばれる一戸建てが建つ事で価値は減ります。

新築の建物が建つ市場価値と中古住宅市場価値との差が建物価値。

こうした探し方をすると費用相場とのバランスも非常に信憑性が高くなります。

木造住宅は、通常年々価値が下落します。

15年経過している場合はほとんど市場価値が出にくい状況とも言えます。

ですから、建物価値よりも土地の価値を優先して選ぶ為に、新築一戸建て建売との費用相場比較が重要になるのです。

中古住宅一戸建て費用相場は駅からの距離で確認する

中古住宅購入時の土地の費用相場を確認する基準は最も近い主要駅からの徒歩距離。

・徒歩3分以内

・徒歩5分以内

・徒歩7分以内

・徒歩10分以内

・徒歩15分以内

・徒歩20分以内

全て土地の相場価格が変ります。

ですから、駅からの距離(主な地下鉄や主要公共機関駅であり、バス停留所を除く)。

この点を十分確認しておく必要があるのです。

中古住宅一戸建て費用相場は都市計画書も必須参考資料に!

中古住宅一戸建ての費用相場を確認する際に、市場価値の変化も大切な要素。

未来予測というの言葉の根拠は都市計画。

・大規模集合住宅建設予定地付近

・大規模マーケット建設予定地付近

等の事業計画が建っている土地は非常に価値が安定する可能性が高まります。

しかし、もともと建設されていたモノが衰退しているような地域。

このような動きの場合は、近隣住民や店舗の撤退等が起こっている可能性もあります。

すると、未来予測としては市場価値の下落は避けられない可能性もあります。

いずれも住宅ローン審査に大きく関わる重要なポイント。

ですから、しっかり査定された今の費用だけではなく、購入したい土地の周辺事情を必ず確認しておきましょう。

私がこの記事でご紹介したかった内容は以上となります。

この記事以外にも、実際に一戸建て中古住宅を購入後に失敗後悔がトラブルに発展したランキングをご紹介しています。

一戸建て中古住宅購入後失敗後悔トラブルランキングベスト5

にてご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ