中古住宅値引き交渉や相場の誤解失敗後悔注意点まとめ

中古住宅の値引きについて、興味関心が強いのは、以下のような項目が目立ちます。

・交渉のタイミング

・交渉してもいいのか?

・500万の値引きがあるのは本当?

1割の値引きを見たけど大丈夫?

この様な不安や値引きという交渉をワクワクしてる人もいます。

中古マンション,戸建て住宅ローン審査に落ちた、通らない時に意識しておくべきこともご紹介しています。

中古マンション,戸建て住宅ローン審査組めない通らない人に多い失敗原因

中古住宅購入前の注意点もご紹介しています。

中古一戸建て購入注意点優先順位ベスト5とその根拠よくある誤解

このサイトは、中古住宅購入で失敗後悔してほしくないという思いから不動産オーナーとして仲介不動産屋と話す内容を含めてローン,値引きなどをご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、中古住宅の値引きに焦点を絞りながら、以下の内容についてご紹介しています。

中古住宅の値引きに相場はあるのか?

中古住宅値引き交渉のタイミングとは?

中古住宅の値引きで500万は実在する?

中古住宅値引きでよくある勘違いを含めて、ご紹介してますので、あなたが中古住宅を購入する際の情報源として活用して下さい。

中古住宅の値引きに相場はあるのか?

中古住宅値引き相場

中古住宅という性質を活かすというのは、値引きが出来るということでしょうか?

こんな相談を頂く機会も増えました。

そこで、

中古住宅の値引き相場はあるのか?

中古住宅の値引きの裏に潜む注意点

という内容について、中古住宅値引き相場の誤解や注意点にてご紹介しますので、興味のある方は御覧ください。

では続いて、中古住宅値引きを交渉するという行動についてご紹介していきます。

 

中古住宅値引き交渉のタイミング

中古住宅値引き交渉タイミング

中古住宅を購入するなら、少しでも安く買いたい!

安く買うためには、中古だし、値引き交渉のタイミングを知りたい!

まさに、値引きがあるのが当然だ!

こんな考え方をお持ちの方も多い現代。

しかし、実際には、値引き交渉をするタイミングと言うのは、限られた場合のみ。

この正しい交渉タイミングについては、中古住宅値引き交渉のタイミング失敗後悔注意点にてご紹介してますので、まずは相手をよく見るということだけでは足りない現実を御覧ください。

では続いて、より具体的な値引きの金額を含めて、500万の値引きという実態についてご紹介していきます。

 

中古住宅の値引きで500万は実在する?

中古物件値引き500万の真相

実際に値引き交渉という必要もなく、あっという間にちょっと聞いたら値引きしてくれた!

しかも500万も値引きしてくれた!

こんな美味しい話は、実は密かには存在します。

しかし、この中古住宅本当にお得なんでしょうか?

中古住宅値引きが500万可能な物件にリスクはないのか?

にて、ご紹介していますので、ぜひ中古住宅は、ただ単に安くなればいいだけではない。

こんな注意点を含めてご覧ください。

では最後に、中古住宅におけるマンションに限った交渉可能なケースをこの記事だけに記載していきます。

 

中古住宅値引き交渉でマンション特有の実態

中古住宅値引き

中古住宅の値引の中でも、マンション特有の交渉のタイミングが実はあります。

このケースはかなり稀となりますので、誰でもいつでも使える手法ではない。

まずは、この点を含めて、チャンスを逃さないためにも御覧ください。

中古マンション値引き交渉のタイミングはよくある市場特有のアレ!

市場というのは、常にライバルと言う存在が居ます。

中古住宅は、一戸建てには、ライバルというのは、ほとんどありません。

しかし、マンションだけはあるんです。

以下の基準を比較して頂きたいのです。

・主要駅からの距離

・築年数

・主要設備基準

・広さ

・階層

・管理費、修繕費

これら全てが似た金額である場合に限り、購入者が交渉のタイミングを得られるチャンスが有ります。

注意していただきたいのは、これら全てである事が前提であること。

1個抜けてるけど値引き交渉はしたい。

こんな考え方をしても、門前払いです。

マンションの市場価値は、全ての要素を含めて価格市場が決まっています。

よって、リフォームすれば価値を認める部分も当然あります。

このような状況であった場合のみ、1度だけ、この物件を見る前にあちらにある中古マンションを見てきました。

このような切り口から、交渉出来る可能性はあります。

しかし、このケースであっても、強気な会社の場合は、資産価値がこちらのほうが落ちにくいという交渉の舞台に立たないケースも有ります。

ですから、安易に簡単に切り出す事は避けましょう。

とにかく慎重にリサーチしながら、データを出来るだけ架空ではなく、論より証拠位のつもりで調べて下さい。

そして、データを見ていく中でどうしてもその物件がもう少し値引が出来る状況である。

この確信を持った時点で、交渉する事をオススメします。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

住宅購入には値引きという楽しみの反面、値引きしてまで買っても損という物件もあります。

中古住宅購入後失敗やトラブル原因ベスト5もご紹介しています。

想定外ということがないように併せてご覧ください。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人紹介

サイト管理人:2児パパニッキー

サイト管理人紹介

新築一戸建て住宅購入術のサイトを運営していました。

中古住宅一戸建て購入についての相談も数多くいただきましたので新規サイトとしてオープンさせました。

私のプロフィールは、上の画像をクリックしてご覧ください。

ツイッターも配信中

このページの先頭へ